<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成

有明ビックサイトにて旅の博覧会ツーリズムジャパンExpo開催見聞録 [今日の話題]

東京:旅の祭典・ジャパン~ツーリズムEXPO2日連続の雨@有明

(いつも、時間と勝負をしながら、このようなメモを想い出しながら

記している。後で、よくよく見直すと変換間違いや脱字等がよくある。

他の方も同じかと思うが、10分程度で写真も数枚捜しながら、いや、

選びながら、そして文に一番近い場面のフォトを選ぶとなると結構、

厄介にも感じる。 今現在は、毎月、ネット利用の許容ギガ数が限度

アリの為、なるべく短時間で素早く・・と思いつつ文字を選んでいると

思わぬことも多々ある。 途中で、今書いたばかりの一文が、何処かの

途中の行に入ったり、それを訂正するのにまた、数秒かかったり・・と

悪戦苦闘することもある。いつも、ほとんどが思い付きの文面になるた

め・・・おや?と思う箇所もある。

そんな中での、今回の、昨日に続いての「メモ」である・・・・

----------------------------------------------------------------------

このイベントもよく雨に遭遇する~雨イベントなのか・・・

傘をさして参加される人には、少々厄介な天気でもある。

特に今年9月は、とくべつ・・だという。

外との空気とは異なり、 会場内に入ると異次元の世界だ・・

◆いわゆる「旅博覧会~ジャパンツーリズムEXPO」 その2


 23日、24日二日連続の雨であった。JツーリズムExpo第2弾:  

 大きなスペースでイベントをおこなう国の観光を
代表する観光局の存在も目立つが、小さなスペースで毎年出店
している自治体やツーリズム関係の機関が必死になって存在を...
アピールしているところもある。

様々な演出で最大の「効果」をもとめて企画の競演をするExpo

でもある。そしてまた「インバウンド」効果を求めたイベントもある。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp


世界の祭典へ 自転車で行って見た~旅博・ツーリズムExpoジャパンへ

旅の祭典~有明での「ツーリズムEXPO 旅博Jへ・・自転車で雨中を 豊洲市場も暫く眺めた・・

旅の祭典の始まりだった。毎年の恒例行事だ。

 今では、 JATAと日観振との共同主催となり幅も内容も

 大きく拡大したものだ。

昨日、雨の中、自転車で有明へ行ってきた。片道30分。
「ツーリズムEXPOジャパン」いわゆる、旅博 だ。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 自転車で行く?・・・ ともなれば、当然、途中の景色も気になる。

今や、すっかり全国となった、あの 豊洲市場だ。

昨日も、じっくりとその全容を見てきた。

今、ほとんど完成し、 あとは完成を待つのみだ。

  工事は完成し、 今は人影も全くと言っていいほど、なし。

  ほんの2,3週間前は工事関係者でごった返していたのに・・

  余りの静けさに・・・風前の灯?とも感じた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで・・・ 今回は、そんなことを言ってはいられない、楽しい日だ。


  旅こそは私たちの心を常にウキウキさせてくれるものだ。


 かつて、当イベントを主催するJATA在勤のころは、

 この行事で9月頃の業務の煩雑、複雑、掛け持ち等の
 多忙さに翻弄?されました。

 が、今、改めて外から旅の祭典を見つめてみた。

 世界旅行のみならず、国内旅行気分も満喫だ。

そして、行く途中何度も立ち止まってしまったトヨス市場だ

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。

◆    旅行会社でもあります~ 豊洲地区の【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

==========================

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

==========================

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

 

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


中国武漢で過ごす~10年ぶりの観光、漢口の駅で 路線バス再び [海外ニュース]

湖北省 武漢市の「漢口」駅前にて 2016年9月18日(日曜日)。

中秋節最後の日曜日でもあり、駅前はもっと人出が多いのかとも思っ

たが、駅前広場は以外にも「客」の姿はまばらであった。

それもそのはずである、 多くの乗降客は、今や地下を歩いているからだ。

地下を歩く、というよりは駅舎そのものが地下式の駅となったからだ。

  新幹線ホームや在来線もみな、地下へと「映った」のだ。

  なるほど、外観からすると、今までの中国の駅ともいうと「巨大」さ)

  ばかりが目立ったけれども、この地下方式の駅舎ともなると(駅構造

  であると)、上物の駅舎は小さくて済むわけだ。

約10年前に、路線バスにて、市内の別の駅、武昌地区から来た時には

もう少し煌びやかで、屋根も尖っていたが、今はこのように西洋風の

駅舎へと衣替えとなっていた。時代の流れを、今日、この日に感じた。

更には、地下鉄もこの駅には繋がっているので更に便利になった。

しかし、今回は、すぐ隣の巨大な駅の「武昌」駅前より、路線バス

でここまでやってきた。

というのも、 というのも、途中の景色のなかで「長江」の流れを

見るために、 橋を渡る必要があったからだ。 長江大橋の上から

 みる、あの長江の眺めはいつ見ても、何処で見ても中国らしさを

感じるからだ。

今回の旅の一つに、この長江の変化を見るためにもやってきたわけ

であるが、長江だけは「やっぱり変わってなかった」ということで

安心した。

周辺の巨大な建物はことごとくスクラップビルドで、まさに大変化

をしているが、この大自然の大河だけはいつまでも同じ姿でいて

くれた・・と感じた一日だった。

 周辺の建物は軒並みこのとおり大変革だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 自然だけは 変わらない・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

  ◆中国で 環境と 地方の観光等と開発についてプロモーションをしています~~

 

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

        (次のような 講演・セミナー 発表や交流会、パネル討論会等にも・・)        

      ・国際観光学会での 中国事情、 中国旅行法律、 中国の観光と文化、歴史、旅

      ・工学院大学孔子学院での旅講座や 連携区座

      ・都内の大学・短大での発表等

      ・観光関係 観光運輸倶楽部、 学習会に(TYO)n

           ・国内和僑会、同郷会、文化交流会等に

      ・中国内旅行事情、商品計画発表・講演(TYO)

      ・中国内庶民生活、社会発展に関する講演(TYO、PEK)

      ・中国内 北京第二外国語学院:日中双方向旅交流(本科、 大学院等)

      ・中国内UNWTO桂林 日中インバウンドアウトバウンド交流講演

      ・中国国家観光局旅游大会・昆明での発表

      ・日豪政府間観光交流(オーストラリアにて) 等々。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。


ガラスのつり橋 中国が凄い 閉鎖後にわたっては見たものの・・何かが [海外ニュース]

中国シリーズ 湖南省:あの話題のガラスの橋、閉鎖後、渡ったが、真相は闇?

  

 観光そして旅行の問題点は

飛び跳ねた、ガラスの橋の上で・・。そして、またガラスの上に

着地した。・・・・はたしてガラスそのものは大丈夫だったのか、・・・

とも思いたくなる、このガラスの橋。オープン直後、閉鎖、そして先週

「偶然にも」渡る機会が訪れた。

オープン中の 1日数千人~とはいかないものの、 約400人が渡った。

そして、驚いた・・・

驚いた その1

  建物そのものが、未整備なのか、

  果たしてガラス強度?等の構造に問題があるのか、

  それとも大混雑が予想されるため受け入れの見直しなのか・・

驚いた その2

すべてが闇の中、 この峡谷ガラス橋。

誰もが知りたい、営業停止のその理由と背景。しかし・・・

やはり誰に尋ねても、現地の人も、「役人」でも知らない・・

 勿論、最終判断は すべてがトップの責任だから、トップしか知り得ない・・

しかし、未整備?が理由のこの施設・・・

なぜ、いったんオープンしてしまったのか・・・。 やはり真相は闇だ・

ヤミの中だ。   ・・・このように周囲は暗く、ヤミ?の中だ。

このような話はどこの世界でもあるものだ。

なんとなく、日本国内でも同じような問題が最近起きている・・・。

こちらは、いま、トップが必死になって真相を究明している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

  ◆中国で 環境と 地方の観光等と開発についてプロモーションをしています~~

 

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

        (次のような 講演・セミナー 発表や交流会、パネル討論会等にも・・)    

      ・国際観光学会での 中国事情、 中国旅行法律、 中国の観光と文化、歴史、旅

      ・工学院大学孔子学院での旅講座や 連携区座

      ・都内の大学・短大での発表等

      ・観光関係 観光運輸倶楽部、 学習会に(TYO)n

        ・国内和僑会、同郷会、文化交流会等に

      ・中国内旅行事情、商品計画発表・講演(TYO)

      ・中国内庶民生活、社会発展に関する講演(TYO、PEK)

      ・中国内 北京第二外国語学院:日中双方向旅交流(本科、 大学院等)

      ・中国内UNWTO桂林 日中インバウンドアウトバウンド交流講演

      ・中国国家観光局旅游大会・昆明での発表

      ・日豪政府間観光交流(オーストラリアにて) 等々。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

              日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

案内人も、ついに飛び上がった・・・、飛び跳ねた/・・


中国をヨコ読む~G20と日中韓

市内は1週間の連続休暇となった杭州市内。

広い杭州をすべて歩くのも大変だが、西湖周辺なら歩くのも

また楽しからずや・・と思って行かれた方は各種制限で身動き

もできなかったのでは・・。

毎年複数回、訪れる杭州だが、市民の姿は浙江省、杭州以外へと

追いやられるような感じだったのではないだろうか。

一昨年の北京でのAPEC開催時は直接会場周辺へ行って見たが、

開催前日からすべての車両が完全に公安に止められ、右も左も

斜めに入って湖周辺へと進もうとしたが、まったく無駄だった。

アリも入る隙もなしという状態だった。

一転、 主賓、来賓が納まる集合写真も見ものだ。

一昨年の北京の時よりは、日本の主役も一歩改善したようだ。

少しばかり目立つ?所へと進んだようだ。一昨年はまさに片隅だ。

このような大イベントもよいが、我々庶民はやはり日常の、

時間を忘れさすような長閑で気も晴れるような散策を楽しみたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次次刻刻 中国ヨコ読み~G20やB20で・・


晩餐会の主役は?日本はそして隣国はどこに・・Pht1。
開催地杭州はやはり最高!西湖・・。湖↑上、水中の演技も最高。

しかし、日常の杭州市内や西湖遊覧が一番長閑!(Pht4,5 2015)
(Pht2,3:Media早報より)

?秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~以下、長閑な・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

??????


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

?

?■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

????????????? 中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

?◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ~~中郷への旅、出張、下見、訪問・・・そしてその逆パターン

 いろいろな旅の演出は 観光文化ツーリズムへ、

 そして 現地常態[?]視察等は 日中観光文化研究所へ・・・・。


訪日旅行の法制化 もっと厳格にガイドや買い物や手配方法を [今日の話題]

中国からの訪日インバウンドと来年度からの法制化~ガイド、運輸等課題に

遅すぎる対応に各方面から、さまざまな声が聞こえるインバウンド

確かに、目の前の違法な運輸、ガイド問題、そして、

現行の買物などへの「法律」が適応されるとなると~

一体どうなるのだろうか。

少なくとも、法律が制定されたからと言って、現在の訪日客の

減少は考えられない。むしろ、時とともに、その数は益々増加

するものと思われる。

とは言っても、違法なものを取り締まり、中止にさせるとか

罰則化を設けることはできるが、誰もチェックができない、

ということが明確になる。

~今のシステムと、今の現状と変化はきたいできないという

ことであろうか・・・。

◆中國中心インバウンド乗り切れるか2020年4000万人


 その目標数値達成には法にも目をつむり数字を追いかけるか?


 現在でさえ7割、8割は「違法」な国内での運輸そしてガイド
 問題に遅すぎる今回の対応。

それでもチェック不可能な場合は
 ダルマさん状態に~お手上げの常態?に。...


(Pht:1中国内での旅游法2来年からの国内旅行法適用案)
3銀座での訪日客:文章関係ありません)
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント

金藤選手の吸い込まれる物語に 若者も年配者も多くの人が耳を~ [今日の話題]

人生はマラソンだ~人生の金メダル~その中身に感動した方は

多いと思われる。 これぞ、スポーツと人生~人生の金メダルなのか。

天才と苦労人、 ともにスタートは同じである。 しかし、 苦労人の

冠がつくと、また、別の味わいがある。

誰でもが、というより100%のひとが誰でも一度は経験する、この

一生のうちの感動の物語は、聞いていて吸い込まれる・・・。

金藤選手の~人生の金メダル、苦労人の物語は聞いていて・・・

今までの苦労を重ねてきた練習、いや練習ばかりでなく

その道のり~まさに人生のなかの水泳物語に大きく感動した。

おの苦労人のいままでの人生、それも家族やコーチとの会話や

訓練、考え方に多くの人が感動したに違いない。

だから、今回もこの話題となった。

◆「人生はマラソンだ いや「人生の金メダル」に

 五輪水泳会場が・・・・・。


毎朝早めに五輪の「競技結果」に目を通す

のが楽しみだ~


メディア賑わす「水泳陣」の大健闘に何度も

何度も放映されるシーンに何度見ても 心も一日中

嬉しさに、そして喜びが沸いてくる~

特に今回の主役金藤選手に。


いよいよ4年後には我が家の直ぐ近くの

辰巳の国際水泳橋上競技場近くで開かれる。

自転車なら我が家からも10分程度の距離。
この調子だと4年後の今の時期は朝から会場に行きっぱなし!

等ということも考えられる ・・。今からが楽しみだ。


人生とスポーツ、様々な金メダル・・か。

(参:Pht::Mediaより
 ウオッチPht::↓辰巳の会場、 中国での海と汚染・・・

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp


日中の空気~ガス田でまた空気が悪く? 大気も政治もみな・・ [今日の話題]

日中の新たな課題~3つの空気が

いや、まったくこのところの日中の空気が急変した

ようだ。 一部は、明らかに政治問題化してきており、

日中双方にとっては、聞捨てならぬ大きな政治問題に

なってきてしまっている。

尖閣周辺の漁船団と護衛船の問題も、またまた大きな問題

だが、 何よりも固有の建物を建て、その場をを基地として

再び南方諸島のように実効支配してしまう・・ともなると、

問題はややこしくなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次々刻々~日中中日 最近の3つの空気が・・ 再び一部地区


 北京などでは

  戸外の空気が濁ってきたという声も聴きます, が、
 それ以上に再び沸き上がったガス田開発や

  レーダー設置問題などの「勃発」で
 日中の「空気」が変わってきたようだ。

「南方のあの澄んだ・・・真っ青な
 青空はどこへ行ってしまったのか・・」な・・...
(Pht:一部Mediaより;他 雲南の青空2016.7月)
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
それぞれの空の色と空気が このところ急変なのか・・?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html


中国シリーズ 雲南省の都会での光景~不動産と都市開発 [本日の急上昇キーワード]

次次刻刻 地方都市での開発と視覚◇ バランスが・・

街歩き、町をあるいているとさまざま光景に出くわす。

あまりの人ごみに、歩くのも嫌になるほどの超過密都市、と

思われるところもあれば、

写真のとおり、街ゆく人の姿はなく、大開発とは言ってはいるものの

ただただ、ビルのみが殺風景に、それも高層ビルが立ち並んでいる

ところもある。

そんな現実を、町の人々はただただ眺めている・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆視角~いや死角・・某所駅前で1階は一流

   最上階は瓦礫部屋///.


 地下鉄駅前の級高高層BIZビルだが最上階で足止め・・。
(EVで最上階まで登ったが・・降りることもできず・・・?)


*降りる「ボタン」もなく・・・。

  地方中核都市で開発リスクが。
(↓Pht:2016.7月)地方巡業視察時・・。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 確かに・・・疲れてしまいそうだ・・(image)

 ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

伝統の築地から 豊洲へ ~移転問題その後 [政治経済]

伝統の築地から~若者の街・豊洲へ 観光客、訪日客はどうなる?

今日の話題最新ニュース

◇◆次々刻々~築地から新豊洲市場へ(2)

 やってくるか?伝統の市場から~
  若者・巨大ビル・新築建物の豊洲へ・・?

  訪日客はどう反応?


  あの、活気を帯びた古い古風な店が軒を

  連ねる築地から豊洲へ・・?


「ゆりかもめ」も豊洲から築地・勝鬨橋へ、

バスもBRTで築地から豊洲へ?

(然しまだまだ先のことです~)

若者の街、若い町・街:豊洲に変化はあり?...
(↓わずか2Kばかり離れた距離ですが・・

あと20~30年はかかりそうだ!)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

7月23日午後 東京都日中友好協会、工学院にて大学生発表会と経済講演開催 [政治経済]

  事前登録が必要ですが、工学院大学孔子学院にて

東京都日中友好協会主催のイベントが開催されます。

大学生6名による発表会と 日中経済の講演会です。

  学生無料、 一般2千円

最大の関心事は・・・・

7月23日(土)午后、西新宿工学院大にて「大学生の発表会、経済講演」等開催

 7月23日 土曜日、午后、孔子学院へどうぞ!

中国南沙諸島等での これからも大きな課題が

待ち構えていますが、政治、経済は勿論のこと

日中間の課題や、大学生たちがどのように見ているのか

等のテーマも含め、 若者の考え方(私と中国等)も発表

されます=~

◆次々刻刻到来日中関係 

   来週土曜7月23日午後、工学院大 孔子学院4階にて 

首都圏大学生の発表会や、経済講演開催
・大学生・留学生は無料(一般2千円)。

~全員事前登録必要です(一般の方事前手続き必要です)


皆さまの来訪をお待ちしています(登録、申し込みは当FB可)
akisawatourism@yahoo.co.jp

(内容、発表~参照参考↓Pht )

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)


 

2016年7月23日(土)新宿・工学院孔子学院にて開催 

      ご案内・おすすめ・参加者募集中

      学生・留学生は無料です

「夏のセミナー都内5大学・日中学生による発表と講演   

■日時 7月23日(土)午後13:30開場、 

  *必ず 事前登録が必要です。

■場所 工学院大学孔子学院

(工学院大・中層棟4階)教室にて

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html


7月23日 東京都日中友好協会イベント 首都圏大学生の発表と経済講演会 [政治経済]

    東京都日中友好協会では次のとおり、 イベントを開催します。

  大学生、留学生は無料ですので、是非、ご参加ください。

    首都圏5大学の学生が 6名、 中国関係に関して発表します。

お知らせ(学生:無料)大学生、学生、留学生等募集中です!


  7月23日(土)午後・新宿工学院大学孔子学院にて

~首都圏5大学学生の日中関係発表と、経済関係講演 実施
イメージ 1


イメージ 2

                  *場所は ↑ 西新宿;駅より5分で到着します!

  (学生:無料、一般の方:2千円)大学内教室にて開催

 ~~~~~~~プログラム~~~~~~~~~~~  ...

■■ 第1部14:00~経済講演会 中国経済の実態と展望
講師 江原 規由 氏
  (一般財団法人国際貿易投資研究所研究主幹)

■■ 第2部15:30~都内5大学・学生による
「 私と中国、私と日本」等を基本に自由に発表

   東京大学(沈倩雯) 早稲田大学(小山田里奈)
 慶応大学(一木有海) 一橋大学(呉浩剣)
東京外大(松・祐輝)東京大学(杜 玉)の各学生発表

 *発表後、双方向の質疑 、交流予定  ~17:15予定 

 ==多くの学生等の参加をお待ちしています==

◆一般の方: *「入場券」お求めにあたっての振込口座:
(入場券は当日、受付にてお渡しします)

  振込される場合は、予め住所・氏名を都日中へ
ご連絡いただきますようお願いいたします。
三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通預金 
口座番号:6631014:
認定特定非営利活動法人東京都日中友好協会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  東京都日中友好協会〒101-0054 千代田区神田錦町1-4  
℡03-3295-8241  Fax 03-3295-8255 
Mail to-nicchu@jcfa-tyo.net
~~~夏セミナー 詳細は~~~Mail,Tel問合せを~~
 (*詳細秋澤090-1555-6754)or
  akisawatourism@yahoo.co.jp 迄

中国、海外交流、テーマ課題、ふれあい~小さなNPO団体 [訪日観光インバウンド]

どんなに忙しくても、どんな少人数のグループでも

目的や同じような探求心を持っている人たちであれば、

  仕事のプレッシャーや ビジネス・生活・日常の圧迫感を

  2,3人で語り合えば、いい意味での気分転換にもなります。

中国をテーマに交流・読み解く・触れ合う・・協会の活動へ

中国やアジアの国々の様々なテーマに関しさまざまなひとが

集まり、議論したり話し合う・・・。

議論ともなると、いつのまにか議論や会議という言葉から

か、組織【グループ】を離れる人もいます。当然の成り行きです。

あまり組織にはとらわれず、趣味や研究テーマを持っておなじ

ような仲間が集います。

政治や経済の話はともかく、人々の共通する中国に関するテーマ

に関して議論を深めることは良いことだと思われます。

◆次々刻々~「中国」Series:

 「会議と交流会」人々が集う~
 中国をとりまく話題と議論はメディア等

 で多く露出されています。


 が、所謂、ボランティアで活動する方たちの

 の「総会」が昨日開催されました。


 東京都日中友好協会の総会とその後の交流会でした。

 (活動はできなくとも関心がある、中国の文化や

  歴史面で研究したいという方は是非!・・。

  ご連絡、参加ください。協会宛または当Blgまで。

   

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国のツーリズムに取組む========■■

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

===============================


中国シリーズ 発展著しい河南省・信陽市・南陽市横断にみる生活と・・ [政治経済]

中国 河南省シリーズ:信陽市・南陽市(6)生活と街の・・

一言でいえば、濃淡が激しい、激しすぎる地区、それが

河南省だ、と多くの人は感じている。 1億以上の人口を

有するこの省・地区も、地区によってこんなにも町の様子が

それぞれ異なるのか、と誰もも感じるかもしれない。

いわゆる著名な観光地を素通りし、街の様子と生活感を直接、肌で

感じ取り、そして5年後、10年後の街の様子の変革に注目して

いくことも「旅」の醍醐味だ。

この、南部地区の河南省は、私たちから見るとそのようにも見え、

一方で、地元中国の方かるすると「いやいや、まだまだ将来に向けて

開発が進む有望な町だ、村だ!」と声を大きくして訴える人も

いるかもしれない。

◇次々刻々中国Series~尚まだ河南省にて

  ~「南陽/南阳市」市内・近郊(6)
 開発が進む河南省・信陽市、(開発が進みすぎて

 販売・管理もが追いつかない地区も多々ありますが)

 この南陽市は広すぎて市全体が穏やか~ 趣だ。

こののち、バスターミナルAから更に南部のBターミナルBへ!
 (著名な観光地よりもその地の社会や文化や生活に注目!)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

=============================


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国河南省、南部の大都市南陽市、山形南陽市 [政治経済]

中国「河南省南陽市 広さも四国の1.5倍程 乗り換えも移動も大変~山形と同様の

面積も広いということは 人口も多いことが特徴の各地区各市。

まさにそのとおり1100万人を有するこの南陽市は、北京から

約1千キロ、省都鄭州からは260キロ余の場所にあります。

町には地下鉄もないので移動は路線バスか、バイクで。

他の市から、ばすにてターミナルにたどり着き、更に他の都市へ

移動する場合はまた、別のバスターミナルへ。

今回も、そんな旅でした

 河南省南陽市~街を歩く(5)紹介:


 1988山形県の同名の市と姉妹提携:面積もさること

  ながら庶民の・・・生活や町の様子も含めすべてに興味有。

 ただ、この町も(とは言え人口も1千万人以上ですが)特徴はない。

 高速バスで信陽市からこの町にたどり着く~ターミナルの近くには

 列車の駅も(↓駅)。

 北部の安陽市が遺跡の街なら、ここは唯、ただ広い~。
 人口も1100万程。右も左も人口急増の都市が多く点在@中国。

 このあと、更に西へと乗り継ぐために、とった手段が・・・(次続)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 ちょっと、 駅?とはわかり難いですね~

 現在、工事中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

  

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

===============================


中国次々刻々 内蒙古オルドス市 その後その時 [海外ニュース]

再び 紹介します、内蒙古オルドス市の その後その時~

中国の国家観光地区AAAA地区のオルドス市内のこの地区

、新開発地区ですがこのままでは廃墟の街になってしまいます。

包頭から長距離バスにて約2時間でオルドス市の中心地区東勝

にたどり着きますが、メディアの最大の関心事は「鬼城」です。

たしかに、不便なところではあります。 が、この新開発地区は

本当にこのままで終わってしまうのでしょうか。残された建設

途中の巨大な建物はあまりにも醜い姿を露呈しています。そして

このまま放置しておくと周辺の景観も文字通りのゴーストタウンに

なってしまいます。

人口が密集する大都会の北京も、都市機能の一部は麻痺しており、特に

交通インフラや住宅事情は「最悪」と言われています。しかしこの北京市

も来年2017年には「首都移転」が始まります。北京市政府の機関を中心

に、市の東部20キロ先にある地下鉄駅の周辺に移転し、現在、大規模な

「開発」を進めています。

しかし、このオルドス市も人口はともかく、面積そのものが

九州と四国を足しても有り余る広大な面積、土地を持っています。

その土地に「人口100万人規模のニュータウン」を開発、造成

して新しい街を出現させるといっても何よりも「交通」、「生活」

等々の面ではとても

安心して暮らせるような都市機能は見当たりません。

おそらく、このままの状態はあと5年、10年は続くものと

思われます。

現在、5万人前後が居住していると思われるこの新開発地区

に残されたこれからの生き方、方策はとてもこの地区単独で

進めるには難しそうです。

今後、市や自治区の域を越えて他地区と早急に連携しコンベン

ションや観光、または教育、文化の街として生き残るような

策を再度練るべきです。

道路や立派な建物は「揃いました」が、あとは街に活気が戻る

ことが重要です。人口が少ない今の状況では商業等で活性化させ

るのは容易ではありません。 人が少なくとも、ITを駆使し、

また、空気の綺麗なこの土地により沢山の富裕層を移住させる

ような策も当然必要です。

草原の街としてこの地が再び脚光を浴びるには、役人のみの発想

から脱却し、よりソフトな柔軟な発想でメディア等も活用し、町

を蘇えさせることです。

近くには、ジンギスハーンの「草原」の地区もあります。

このオルドス市のこの地区の未来がもっと明るくなるように、あと

2年、5年先を見据えながら眺めてもみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム㈱(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


中国政治経済~金融、保険 朝からホケンで・・・・ [政治経済]

これからも続きそうです~

「金融」全般に関しての課題です。

 

昨年夏以降の金融不安がもたらす、庶民の夢を直撃!

今までとは一風変わった光景を目にしました。

今週の北京の金融街にて、保険会社「平安」の建物前での

庶民~地方から上京してきた農民たちの軍団とはことなり、

いささか裕福そうな人々の「デモ」でした。

従来ですと、公安・警察等により道路を整然とデモ行進

することさえも許されなかったこのような恣意行動は、

ほとんどと言っていいほど、許されることはありません

でしたが、今回は堂々とした、オープンな感じの「デモ」

と抗議光景でした。

今回は、訴えられた会社も「保険」会社でした。

従来ですと、「不動産関係の投資会社」等が、地元庶民の

立ち退きや、建物・家等に関する陳情が大半でしたが、

今回ばかりは金融商品に関連した、消費者と金融・保険会社

との「トラブル」でした。

デモ隊に参加している人も、比較的裕福とみられる方々の

ようにも見え、大きなトラブルもなく整然とデモ行進等を

していましたが、

今後とも、このような事態は数多く発生してくるものと

予想されます。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム㈱(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp 090-1555-6754 Tokyo

                131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

     (会社概況・中国情報URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓ ↓ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

にて無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

 *FB: http://www.facebook.com/fumiyoshi.akisawa

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

ジャンル:
速報

3月20日(日)日中韓若者フォーラムと3か国芸能共演 ご案内(工学院大・新宿) [政治経済]

3月20日(日曜日)日中韓若者フォーラムの ご案内です~

 いま、 まさに時代は 日中韓の時代です。

そんなニーズに合せて、 工学院大学講師学院にて、日中韓の若者フォーラムが
開催されます。


3月20日(日)開催の 孔子学院・東京都日中(青年委員会)主催・共催の

「日中韓・若者フォーラム と 3か国芸能の共演」を次のとおり開催いた

します。


日曜日の西新宿にてので、若者フォーラム(パネルディスカッション)と芸能
イベントを お楽しみください。

*入場料は 「無料」です。
 今回、事前の予約は不要となっています。

--------------------------------------

◆ 3月20日(日)若者フォーラム及び3か国芸能共演 概況


  企画のポイント

   都日中青年委員会等が中心となった企画です;

   1 1部 3か国の若者(日中韓)6名による パネルディスカッション

   2 2部 3か国芸能の共演

 (内容)


 □ 第1部:3カ国若者によるパネルディスカッション
      テーマ:海外で働くとは
     パネリスト:
    ・本炭康典(株式会社メイシージェーン 代表取締役社長)
    ・井上香織(株式会社デラックスジャパン 代表取締役)

    ・于子豪(イハラサイエンス株式会社)
    ・楊悦(シャープ株式会社)

    ・宋基東(株式会社プリントモ 代表取締役)
    ・郭ヒギョン(JFEスチール株式会社)

     司会:
      伊藤洋平(認定NPO法人東京都日中友好協会理事・青年委員会委員長)

   

 ◇ 第2部:三国芸能の競演

    韓国楽器カヤグム演奏 キム オル 創作舞踊 キム ウイシン

    二胡演奏本多 ゆとり

    サックスフォン&電子ピアノ演奏 呂正博 杉本 周介

 ◇ 総合司会:西尾友里(認定NPO法人東京都日中友好協会青年委員会)

   参加費: 無料 (申し込み不要)

 ◆ 日時 :2016年3月20日(日)開場13:00 開始:13:30

 ◆ 会場:工学院大学新宿キャンパス高層棟3階 アーバンテックホール

 是非、多くの皆様の参加をお待ちしています。


 **お問い合わせ等:メールにて ( abctokyoj@gmail.comフォーラム係 )

  ~~~~~~~~~~~~ お待ちしています  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主催 工学院大学講師学院・ 東京都日中友好協会青年委員会
   その他 多くの団体の後援・協賛をいただいています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国変化 ~冬到来 冬の季節そして社会、経済は [今日の話題]

次次刻刻 中国 極寒?中国;冬はまだ続く~そして経済は・・?

今日の話題最新ニュース

 この季節に適合しないと 中国では生きて?いけません。

この季節の到来は 不慣れな私たちにとってはなかなか

やっかいなものです。

しかし、地元の人にとっては そんな心配もどこ吹く風です。

心配なのは、 冬は季節ばかりでなく、国の経済や生活

等にも大きく影響しそうです。

■次々刻々 中国series~まだまだ「冬」、

  冬こそ長い北京や東北地区。


 余程の防寒着でも身に着けていない限り、

この季節を乗り越えるのは
 大変です。が、地元の方は十二分に心得ています。

今、冬・・・。もしかして季節ばかりでなく

経済も・・やや心配です・・。


(↓写真;My photo series 北京や東北地区~にて)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓ ↓ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

まぐまぐニュース

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

 是非、この際 ご登録をお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


次次刻刻 中国の変化生活郊外と庶民 [今日の話題]

次次刻刻 中国の変化生活郊外と庶民 

観光そして旅行の問題点は

■次々刻々 中国series~~庶民と地方 これまた

  貴州省等での「元宵节」での 光景ですが(medeia1;pht)

 近郊の大都市周辺でも一歩郊外に足を踏み入れると

どこでも見られます(Pht2,3 北京郊外時)


  誰でもが豊かになるように(心も、生活水準も~)

    願うものです。
  (1:春在吃晚餐前~祭拜诸神天的颜色~)

 日中文化研究所・観光文化ツーリズムaki

 *Pht1は入れ替えました~。aki

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

---------------------------

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

この記事のメルマガ登録はこちら

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも?

今日の話題 大自然と豪州エコツーリズムが [大自然 大陸とエコツーリズム]

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 大自然と

単なる遊覧旅行もいいですが、 テーマをもって歩くのが

ベストです。たとえば、 エコツーリズムと 旅。

これまで、中国大陸に関する 地方を中心に(地方と

言っても、遠方を指すくのではなく、大自然での観察や

周辺の 社会現象との関わり等です。

中国や日本でのエコツーリズムを研究したり、見たり

することでも十分ですが、 実際に文献を調べながらの

街歩き、地方歩きは更に楽しいものです~。

今回の写真は 且つて駐在した豪州大陸編です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆大陸を歩こう~ 寒いときには夏の豪州へ・・

 と思いましたが
 今月、計画倒れになってしまいましたが 

  やはり冬は 真夏の豪州が
 良いとつくづく思います~。 

大自然での時には時間を忘れ過ごすのも

いいものです~。 

(↓ Pht:123 ダーウィンとタスマニアにて )
  しかし、中国大陸西部もまた夢があります(↓Pht 4 )

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


中国北京の風~路線バスのんびり解き忘れ、時わすれ [今日の話題]

次々刻々楽楽 中国路線バス 三合院、四合院と田舎道を~

連日報道される 日本各地でのバス事故とその原因~ですが、

多くは法律違反~法律を無視した安全管理。

時には運転手そのものや技術、そして運行管理面の不備。

というよりは多くは、利益優先からくる企業や社会の現在の

風潮がすべてに起因しているような感じです。

これも、すべて時間に追われ、目的地への過酷な、管理された

運行管理と規約などで、一刻の狂いもなく施行されるバス旅の

「悲劇と宿命」です。

しかし、田舎での路線バスともなると、趣はがらりと変わります。

時間を忘れ、急ぐことなく、周りの景色を楽しみながら続ける

バス旅~です。(勿論、路線バスにもきちんとした運行管理や

時間、距離、技術等もキチンと管理されていますが・・・)

▲今日の話題

~中国を観る:三・四合院、五彩色麺~
 路線バスで地方へ・・相次ぐバス事故のJpn; 

こちら田舎の中国では時も忘れる田舎道と

建物・道・農家・路線バス~ 四季の旅 いつでも味わえます

( ↓北京郊外: 地図を片手に 田舎めぐり Pht;123 三合院)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


高速バス、大型バスの事故 次々刻々:なぜ安心安全が・・・

次次刻刻:何故?国内での大型バス大巴バス事故~安全安心管理対策中国 安全安心 アレコレ外務省他

何故、次々とこのようなバス事故が起きるのだろうか~

狭い国土、狭い日本国内での安全管理の徹底は

事故直後は管理」指導を強調し大騒ぎとなるが

管理する方もされる方も、そして一般消費者も~

程なくすると、時間とともに安全管理面を忘れてしまいがちです。

私自身も、中国内では、地図を片手に「路線バス」乗り継ぎの旅と

ローカルの旅を推奨していますが、

日本国内ではバス会社そのものの安全面と運行管理等に起因する

事故が次々と発生しています。

国内においては、利用するバス会社と主催会社、そして何年式の

バスを利用するのかを事前に電話してから、予約・乗車をした方が

懸命です。

ただし、予約時点では運行バス会社名まではっきりと明示する

会社(主に主催会社)は少ないです。

(中国でも、中長距離路線を利用してのバス旅は、ちなみに

どこのバスを利用するのか、 更にはどこの国が製造した

バス会社なのか~ドイツ製七日中国国内製造なのか・・・

等も調べてから乗車した方が賢明です)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆次々刻々国国~安全安心・国内でも中国でも

 次々・・何故・・
 中国内でも大きく報道~国内では運行管理や人為

  的過失が、中国内では
 車両整備や車両構造に起因する事故が多し~

  高速道等では特に注意。
 (↓ Pht;1昨日長野、 2・3・4中国内陝西省ほか~)

*Media@china:日本当地时间今天凌晨,一旅游大巴在长野县轻井泽

附近...冲出国道坠入山崖, ,已致14人死亡,27人受伤。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 (pht:2・3 中国mediaより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


鶏口牛後~まず実践 誰でもどこでもこのとおり~訪日インバウンドも [訪日観光インバウンド]

次々刻々~  鶏口牛後~先ずは鶏のように率先して・・・

 訪日インバウンドと海外旅行アウトバウンド

2016スタート:

 何ごとも先頭に立ち、  先へ先へと導くこと、

 そして率先して行うこと~

 そのような意味からも 「鶏口牛後」の言葉のとおりか。

ビジネスの世界でも、インバウンドのプロモーションにおいては

先ず、取り掛かること、他に先んじて行動をおこし、着手すること

・・・そのような人が訪日インバウンドの恩恵を受けているのでは

と思われます。

これからやってみよう、ともなると…これからの投資はより慎重に

始めることが,スタートさせることが必要です~。

■次々刻々中国でも~ 牛か、鶏か・・・


人口も多く広大な土地では先ずは やっぱり

「鶏口牛後」のとおりか・・。


先ずは目立つこと?、先んじて先頭に立ち

先進むことが生きる道、か・・。


(↓Pht:中国の田舎・農村にて1・2 

             3そして都市部の杭州:media)
 ...
  
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


訪日インバウンド 激変中国事情?サーキットブレーカー [海外ニュース]

訪日客にもサーキットブレーカー¥??

 訪日インバウンドと海外旅行アウトバウンド

一昨日の秋葉原では 相変わらず路上にあふれる訪日客が

やたらと目立った訪日客、特に訪日中国人の姿は特別に

目立っていました。

が、銀座通りでの特定の店では流石に急減しているようにも

見えました。 店によっては、お客の数よりもスタッフの数の

方が目立って多く感じられました。

これも、例の サーキットブレーカーの影響なのか?

勿論、インドネシア、フィリピン等からのお客様は従前と

にも増して多くなっているようにも見えました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■次々刻々Series:そろそろ訪日客にも「熔断机制*」??か。


特定の日を除くと確かに減少してきた訪日インバウンド。特に中国・?


ここ1~2か月の状況です。これも「*サーキットブレーカー」の影響?。


日によっては顧客よりも従業員数も多く、 高価なモノは・・・?
中国内内需の停滞、国内回帰に躍起となる党政府の影の声?か。...


春節を迎え、これからのインバウンドに関心が高まります。


(↓参考Pht:先週今週:銀座大通り、 お客よりも従業員数が・・)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


訪日インバウンド~サーキットブレーカー? 訪日中国人にも変化が・・・ [訪日中国人の影響~]

訪日インバウンド 中国から最近・・変だな・・ぐっと減少1月以降は?

2016年01月11日 08時09分51秒 | 訪日インバウンドと海外旅行アウトバウンド

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■次々国国~訪日インバウンド客 訪日中国人に変化も? 

経済の激変?


 1週間のうち半分は自転車にて銀座・築地等を通り過ぎます~


12月も、そして今月も確かに多くの訪日客が銀座や

秋葉原を訪れています。


しかし銀座地区での「中国人」は少なくなっています。

時節柄か・又はやはり・・・・・


中国経済の激変からなのか・・・?

来月8日春節頃にはその傾向もより鮮明に!...


(↓ Pht: 1・2昨日の秋葉原、 そして3銀座通り)
  
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


中国でも 路線バス乗り継ぎ ローカル線バスの旅から始まる~ [海外ニュース]

(続)中国 路線バス探し、バス停探しのローカル観光地への旅が人気です~

2016年中国 各地の駅、バスターミナル

地方の中核都市で電車を降りて~~~

 そこから始まるバスターミナルへの

 路線バス発着バス停探し。

 更に続くのは どのターミナルから 何時に出発するのか・・

ネットにも詳しく載っていない ・・・そんなローカルへの

旅が人気です。

中国の地方政府としても 地方の村や町、鎮への来訪は村の施設や

拝観施設へ訪れていただくことは村の貴重な財源になりますので

村も、地方政府も大歓迎です。(それにしても 高すぎる!拝観料)

■続(2)中國での中距離・路線バスローカル 乗り継ぎの旅に参加しよう!


 日本国内と同様に、大都会での路地裏めぐりと同様に中國内地方都市・村
 を旅する路線バスを探しながらの「旅」が学生にも人気です。

一つの省内~といっても日本の広さもあるなかで、一つの村を探すことは
大変なことです。

先ずは市内に複数あるバスターミナル探しからスタート!...


(↓各地の路線バス、中距離バス そして目的地までの様々な出会いが・・)
   地図とメモさえあれば・・・ バス巡りは 十分可能です・・・。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


中国でも! 路線バス乗り継ぎ探し旅 そして [海外ニュース]

行ってみよう! 次々路線・ 中国での「路線バス見つけてローカルへの旅」も人気です~

2016年01月03日 13時17分31秒 | 訪日インバウンドと海外旅行アウトバウンド

毎週のように放映されている「路線バスの旅」は確かに

面白い!と思います。

  バス停を捜すこと・・・

  バス停からの発車時刻が不明確・・・

  バス停があっても到着地点からの乗り継ぎ時間は・・・?

  そして実際に乗り継ぎがその日にできるのかどうか・・・

  果たして目的地迄、その路線バスは行くのか、通過するのか。。

そんなことを気にしながらの 路線バス、中距離バスを途中途中

乗り継ぎバス旅は 中國内でも楽しいことです。

日本国内でのルールと少しばかり異なることは、できる人ならネット

で検索しながら、次の目的地や中間地点のバスターミナル等を調べ

ながら旅することは許される範囲かと思います。

この1月から、全般的に安くなった燃油Sチャージもだいぶ

下がりましたので、 若者ものも、いやシニアこそ大陸へ出かける

べきかと思われます。

同じ漢字使用の民族だからこそできる、このような路線バス旅です~。

◆次々度々旅旅~今、「ローカル線路線バスさがして

  目的地への旅が  中国でも、人気です~。

  旅をもっと楽しく!


 今、「のんびりゆったり路線バス~」や

「路線バスで寄り道の~」が
  大人気です(Jpn)ですが、地図さえあれば

中国内大都市周辺でも人気。


地図を片手に、少しは空気の澄んだ地区で、

列車の駅を降り少し長い路線バス...
旅が増えています。1月より燃油Cも安くなった今、

中国大陸へ行こう!
( それでも、駅を降り、バス停と方面を探すのに

1時間くらいかかる場合もあります)。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


日本人学生の出し物に 韓国席から手拍子、拍手が~ 3か国こうりゅうにて@中国

日中間+韓国~韓国席からは手拍子が~3か国教育、観光、シンポジウム終盤へ@中国

2015年12月29日 08時51分14秒 | 訪日インバウンドと海外旅行アウトバウンド
能率 NOLTY 手帳 2016 1月始まり マンスリー メモリー5年日誌 チョコ 7351
 
日本能率協会

3か国交流 日中間 +  韓国 =日中韓 教育・観光交流へ

 日韓の慰安婦問題合意~を受けてか、韓国の代表団より拍手も

 続きました。

 日本から参加のパフォーマンス発表時、日中韓各コクの代表団の

 なかで、韓国席から拍手が~

そのような雰囲気のなか、今回の研討会~シンポジウムも終盤を迎え

ま、幕を閉じようとしているます。

宿泊施設内で、偶然にも、エレベーター内で韓国からの参加者の一人と

言葉を交える機会がありました。

韓国からの大学院生でしたが、日本には非常に好意的な印象を持ち、

そしてさらに中郷語でも施設やシンポジウムの話も出て、常に

日本に対しては暗さというより 非常に明るい表情で声をかけて

来ました。さすがに大学院生ということもあり、そして中国を訪問

する院生ということもあり、話しかける言葉の中には日韓のおかれて

いる状況の中で、未来志向なところを十分に感じました。

今後、日韓が急速に、そして常に前向きに、さらに政治も含めた

すべての分野での日韓交流が拡がることを望みます。

今般の3か国交流を通じ、3者がともに他分野でも大きく交流と

話し合い、そして貿易や文化面での幅広い話し合いが今後も期待

されます。

やはり言葉はお互いの架け橋にもなる、ということも実感しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


次々刻々・国国 日中間から~やっと日中韓交流へ [政治経済]

国国来到~ やっと「日中間」から 日中韓へ 本来の姿

日中韓~久しぶりの交流でした。

観光と教育交流の促進を図るための 3者が一堂に!

今回、学生や先生、そして国家観光局等の方々が久しぶりに

中国に集い、顔を合わせたことは大きな意義があります。

交流会を通じて、大変有意義な話も発表され、盛んに皆さんも

熱心にメモを取っていました。

しかし、なによりも顔なじみの方もいまして、幾分ホッとした

ことに加えて、 同じテーブルに建てた3者が意見を述べ合うと

言う光景は久しぶりでした。

それぞれの3者が意見交換などを個別に行う時間はなかったものの

同じ会場、同じ時間帯に交流が図れたこと自体が意義あるもので

あると感じました。

観光や教育面のみならず、他の分野でも、より積極的にこのような

場を設け、交流を図っていただきたいものです~。

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ