<訪日旅行
So-net無料ブログ作成
訪日旅行 ブログトップ

訪日インバウンドとツーリズムEXPOジャパン2015 [訪日旅行]

2015年9月26日・27日(土・日)2日間は

一般消費者向けの「ツーリズムEXPOジャパン2015」

です。25日の業界人向け旅のイベント・展覧会に引き続き

展示そして開催されるこの一大イベントは毎年のことながら

大いに、誰でもが、朝から晩まで楽しませてくれるものです。

 総入場者数は一声17万人とはいうものの、このような

イベントにおいては正確な人数・来場者数は不明です。

が、楽しいことだけは確かです。

もう一つのツーリズムEXPOジャパン

 ・旅博その後~
  次々刻刻 今年は・・ :本来は

「とにかく海外へ」という ことで始まった

EXPO旅博もぐっと趣も変わりました。


 まさに「地方」の時代到来です。華やかな

海外旅行の演出は勿論です
 が、昨今、メディア等で急増する全国各地、

なかでも東北や日本海側...
 での多くの新しい発見(というよりメディア

初登場)が特に顕著です


 展示物のみならず工夫を凝らしたセミナー

や紹介イベント等が特に多く見られ、まさに

時を忘れさせるような演出が目白押しです。
 (とは言っても若者を中心に「海外」への

興味関心はこんな時代だからこそ 期待大!)
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~
 このほか、幾多の地方からの提案イベント等あり。

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

中国 次次刻刻 北京旅博もメデイアとネットの時代か・・・・? [訪日旅行]

中国 次次看看 北京旅博もネットとメディア時代・・・か。(3)

2015年  今日の話題

やはり いよいよネットとメディアの時代到来か・・・!と、思わせる

企業・会社の台頭も著しい・・・というようにも見えた今年の博覧会。

かつての旅のスタイルもガラリと変わり、 そしてまた 旅行の募集方法

もすっかり変貌!の 日中のツーリズム業界。

全面広告を数ページにわたり 旅行広告をおこなうメディア系の日本の

会社や(↑ 写真)、中国でも 今、大盛況と言って良いメディア主体の

旅行会社(↑ 写真 衆信)等、 そして旅の中身そのものも変化しつつある

ものと印象づける 旅先でのホテルでの過し方・・・日本で言えば、星野温泉

主導の宿(星野TOMAMU ↑)など、従来の展示形式とは趣を変えた旅博。

これらの旅行を求める客層は確かに増えてきました。

時間を有効に活用した旅のスタイル、 ある一定の趣味だけを、目的だけを

絞って参加する旅行客の急増により、出店する方もその展示方法をあらためて

見直しをしなければ、市場に取り残されてしまいます。

足の便でも然りです。 極力安く飛んで、現地では少しば狩りのんびりと過ごし

たいという家族や若者の台頭により AIRASIA等も華々しく出展していました

が、この傾向は、今後も引き続き注視する必要もあります。

古くからの大手企業、 従来路線で出難く店を出している地方の老舗(各省の

国有企業や地方政府出展者)も このような博覧会での展示方法も そろそろ

見直しの時期が近づいているのかも知れません・・・・・。

   ・・・・日本も、中国内でも・・・・・・・。

(そういえば、従来 大々的に大型のブースを構えていたある地方の省のブースが

今年は見当たらないな、と思っていたら・・・・・・実は、裏の方にひっそりと、幅2メートル

弱の狭いスペースで出店しいましt。 これも一種の変化のあらわれなのかもしれません)。

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国をWatch いやその前に 日韓が・・・@北京旅博にて [訪日旅行]

北京での旅博覧会 その2:それでも気になる日韓 その後は~

最新ニュース

   一昨日の 北京での 旅博・・・・。

やはり、韓国のブース、展示場も混んでいました。

当然ですね、海外旅行先としてNo1の仕向け地ですので、中国の方も

大いに関心はあるはずです。 中国から なんと600万人以上が訪韓。

中国にとって、隣国でもあり、価格も安い、先進国でもあり、食事は勿論、

買い物も魅力的!

となれば、格安感もあり、大挙押し寄せる中国人観光客たち・・・・。

なんと、軽く2倍以上の人々(対訪日客数)がソウルを中心に訪問しています。

本来であれば、日本からも350万人以上の観光客が韓国を訪問して

いましたが、 去年、そして今年も 前年に比較し100万人以上が減少して

いる訪韓旅行。

あまりに政治に翻弄される観光の実体、そして脆さを露呈しています。

今後、なんとかして、上の写真にもあるように、 日韓のトップが 面と

向かい、笑顔で握手ができるような状況になって欲しいものです。

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

取りやめる 


刻々時論 インバウンドと日本ブランド 訪日客急増 [訪日旅行]

今、こんなことにも取り組んでいます! frm my Blg:

日本ブランド!インバウンド!!

時時刻々 The TOKYO 夏休み 増えた訪日客 in TYO、Japanブランド力

 

夏休みということもあり、都内での目抜き通りやショッピング街では確かに

訪日客が増えました。 銀座ホコテン通りでは、団体というよりは個人,FIT

の外国人が闊歩しています。所謂、欧米人は勿論ですが、南アジアからと

思われる観光客が特に増加しています。

 勿論、年間100万人以上の訪日客とも言われる中国大陸からもFITが多い

ですが、更に南方地区からの客の方がとみに増えています。

   日本ブランドを高めるにはもってこいの日本アピール施策のことであると

   思われます。

しかし、まだまだ訪日客の実態は、正直言って「少ない」です。というのも、他の

諸外国、特にアジアで言えばシンガポールやタイ、そしてなんといってもフランス

と比べると「雲泥の差」が生じています。

いや、フランスなどと比べること自体が無理ですよ、などと言われるかもしれま

せん。「なにせ、フランスは他の周辺国と陸続きで、立地条件が違うよ!」などと

いうのかもしれません。 周辺のスイスやドイツ、オランダ、そして実質的に陸続き

という言うべきイギリスとは列車でも回教を渡って結ばれているし、所詮、島国の

日本と比較することが無理だよ!」なんて言いたいのかも知れません。

   確かにそのとおりです。が、日本とて、近隣諸国には、巨大マーケットである

   中国が控えていて、その気になれば一気に1000万人位が日本に押寄せる

   こともありうるかもしれません。つまり、3000万人の目標も夢ではありません。

日本ブランドの確立、それには、近隣諸国と先ずは仲よくすることです。

~~都内あちこち歩いていて、写真のとおり建築工事や道路工事、建設ラッシュが

   あちこちで続いています。 街を、東京を活性化させるためには、何よりも世界

   との交流が大事です!

 (↓  都内探訪 PHT )

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

 

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村


中国旅行ブログランキングへ


中国からの訪日客~Watch,Catch,Rich!Tokyo [訪日旅行]

ウオッチ、キャッチ、リッチ~訪日客

 普段、私たちが何気なく見過ごしているようなモノ、景色や立ち振る舞い等にも

中国から来た訪日客は大きく感動します。

特に、文化の違い~異文化~や、マナー等のことは勿論ですが、日常の生活の

なかから彼らが感じ取るものこそが珍しく感じることなのかもしれません。

  そんな小さなモノを私たちはとりあげ、そして感動を与えるようにしています。

◇訪日客で賑わう~Nippon
 Watch,Catch, and Rich~ あいにくの雪降る寒空の東京にて
 すべてがモノ珍しく、新鮮、ホンモノであることを楽しむ・・・。

(雪の中、 銀座、築地、新宿等を楽しむ ↓)
(写真4枚)
from my china blog:
写真
写真
写真
   ↑
---------------------------------------
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

 

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村


中国旅行 ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中国発 訪日旅行 中国人家族がミタ!ニッポンのホスピタリティ [訪日旅行]

DSCN9851.JPG
DSCN9837.JPG

中国からの訪日客 マナーに感心、時間、環境、精工、人情に・・・

テーマ:訪日旅行の話題


今週北京に戻った訪日客の東京滞在記!

  いそがしい日程でした。

      富士山へ 大満足 天気も良かった。

      夢にまで見た ディズニーランド、 ホテルも すぐ近くでした

      秋葉原で、有楽町で買いました~日本の製品

あっという間の、つかの間の休日東京でしたが、彼らが得たものは

 日本人の人情! ~やっぱりふれあい、おもてなし!

 正確さ~物を買っても正直

 JR、 地下鉄、約束時間、集合時間 ~オンタイム

 礼儀とわきまえ~交通、 駅

 自然、環境にやさしい ~ 道路、街角

等等に感動,感心をしていました。



中国からの訪日客 日本でのマナーに感心! これからは・・・

訪日旅行プロモーション

先日中国からの訪日客 最後の日のため HTLにて見送りへ行ってきました。

 あっという間に過ぎ去った5日間ですが



 中国人の最大の感想は~


  Tokyoでの文明・マナーのよさに関心!そして感心!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月から 中国では はじめての 旅行法律が施行されます。

 

 これで  来月からは法律施行で更にマナーUp!!します。



 この点が、法律施行の最大のポイントです!
    


DSCN9851.JPG
DSCN9800.JPG

訪日旅行 ブログトップ