<シリア情勢とニュース
So-net無料ブログ作成
検索選択
シリア情勢とニュース ブログトップ

シリア情勢 刻々 今日の動き、今後の動き:一目瞭然 [シリア情勢とニュース]


 9月3日 ニュース  刻々
  DSCN9184.JPG

▲  一滴で死に至る猛毒ガス サリン、オウム事件で使用
    2013.9.2 19:26 [シリア]
   使われた化学兵器はサリンだったとの見方を示した米国のケリー国務長官(AP)

    シリアのアサド政権が8月21日、ダマスカス郊外で化学兵器攻撃を行ったと主張する米国の
    ケリー国務長官は9月1日、使われたのはサリンだったとの見方を示した。サリンは1995年、
    オウム真理教による地下鉄サリン事件でも使われた猛毒の神経ガスで、皮膚に一滴垂らす


    だけで死に至るとされる。

   
    サリンは有機リン系の化学物質。自然界に存在せず、常温では無色無臭の液体。

    この問題については現場を調査した国連チームが分析している。(共同)



▲  安倍総理、 オバマ大統領と電話で何を!

.    9.3 11:23 [シリア]
    電話会談した安倍晋三首相とオバマ米大統領(共同)
    安倍晋三首相は3日午前、官邸に入り、オバマ米大統領と電話会談した。

    オバマ氏はシリアの化学兵器使用をめぐり、アサド政権への限定的な軍事行動に踏み切る構えを見     せており、首相に理解を求めたものとみられる。

     オバマ氏がシリアへの軍事介入について米議会の承認を求めたことを受け、安倍首相は1日、「重      い決意表明と受け止めている。米議会のプロセスを注視したい」と述べ、慎重に対応する考えを示し    ていた。



きょうもこの話題は 各メディアの情報でひとわかりです:拾い読みです:9月2日

~~情報を 刻々と報道、~~


 ◇ 朝日関係: オバマ大統領 議会説得へ 9/2
   【ワシントン=鵜飼啓】オバマ米大統領がシリア攻撃に議会承認を得る考えを表明した
   ことを受け、米政府は1日、議員への非公開の説明会を開くなど、議会の説得を本格化
   させた。ケリー国務長官は使われた化学兵器は猛毒のサリンだったと明かし、アサド政権
   の非道ぶりを強調した。

   ケリー氏は1日朝、CNNなど五つの主要テレビ局の番組に相次いで出演。ダマスカス東部で
   初動対応に当たった人の髪の毛や血液など米政府が独自に集めたサンプルから、サリンの
   痕跡が検出されたと説明し、武力介入の正当性が「日を追うごとに強まっている」と述べた。




◇ 22か国 アラブ連盟、決議を採択~「シリア 必要な抑止策を!」(9/2 朝日系)

 ↓ 中東22カ国・機構でつくるアラブ連盟は1日、エジプトの首都カイロで外相会合を開き、
  化学兵器を使用したとされるシリアのアサド政権に対し「必要な抑止手段」をとるよう国連と
  国際社会に求める決議を採択した。
  従来よりも踏み込んだ表現でシリアへの国際的な対応を要請した形だが、米主導の軍事介入

  に直接的には言及しなかった。

  決議は化学兵器使用について「責任者は戦争犯罪として裁きを受けるべきだ」と主張。シリア国民による  自己防衛を「あらゆる形で支援することを約束する」とも記した。

  連盟は先月27日の会合で、化学兵器使用は「シリア政府の責任」として非難。米政府が軍事介入に向け  て米議会との調整に入ったことを受けて改めて対応を協議したが、エジプトやイラク、レバノンなどが軍事  介入へは慎重姿勢を崩さなかった模様だ。

◇ 日米同盟強化で一致 ~日本: 首相、米下院議員と  ~ MsNews:
   9/2  17:35
  安倍晋三首相は2日、米国のローラバッカー下院議員(共和党)ら超党派の下院議員らと官邸で会談し、  中国の軍事的台頭などを念頭に日米同盟を強化していくべきだとの認識で一致した。

  会談で首相は「厳しさを増すアジア太平洋地域の戦略環境の中で、今こそ日米同盟
  の強化が求められている」と強調した。ローラバッカー氏は「米国単独で世界の指導者
  たる力の負担を担い続けるのは不可能だ」と指摘。「日米はパートナーとして世界の
  平和と繁栄を確保していく必要がある」と述べた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
参考 9月1日 各紙
   ↓  ↓

オバマ大統領も苦悩の1週間です:
  中国、ロシアも反対、 イギリスも参加せず・・・・
 

一般の庶民、我々も 無関心ではいられないシリア情勢です:

世界各地で様々な情報が飛び交っていますが、メディア、各通信社等も
情報はさまざまです:

◇ 国連職員数十人が退避、シリア国外に 9.1 
    ロイター通信によると、シリアで活動していた国連関係の職員数十人が31日までに
    国外に退避した。米国によるシリアへの軍事介入に向けた最終調整が進む中での措置。

    国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や国連児童基金(ユニセフ)などの外国人スタッフら
    で、中堅職員らの多くは29日に既に出国したという。

    シリアで活動する国連関係職員は、現地のシリア人スタッフも含めると約千人。


◇ 日本でも、 「化学兵器確証・証拠があるなら」日本は米国支持

   石破幹事長もそのように述べています。
   また、「シリア情勢改善へ連携=日米外相が電話協議」という報道もあります。

   記者団の質問に答える岸田文雄外相(中央)=31日夜  岸田文雄外相は31日夜
   ケリー米国務長官と電話で約20分間会談し、シリア情勢の改善に向けて日米両国
   が緊密に連携していく考えで一致した。
  
   アサド政権が化学兵器を使ったと結論付けた米報告書について、外相は電話協議後、
   記者団に「引き続き情報収集に努めるという状況に(日本政府は)ある」と述べるにとどめた。
   (Yahoo news)
   *何ともこの先,F透明な情勢です。

500[1].jpg
シリア情勢とニュース ブログトップ