<天気と気象
So-net無料ブログ作成
天気と気象 ブログトップ

本日の台風情報~先ずは身の安全と対策が 6日昼首都圏 [天気と気象]

身の安全!

今現在の台風は?~雨、風、時折猛烈な轟音突風が・・午後は晴れマーク?

2014年10月06日 11時 台風予報 今現在

~~~身の安全を ~~~~!!

今現在も 猛烈な雨と風と高波が・・・・。

いつもは、外を見渡すと素晴らしい景色となって川、運河の眺め

楽しんでいますが、やはり自然の驚異は恐ろしい!

  最近良く気象庁等が 台風、大雨洪水注意報の時は、「身の安全」

  を・・という言葉をよく聞きますが、まさにその通りです。

------------------------------------------------

台風第19号 (ヴォンフォン)

平成26年10月06日10時00分11時 発表でも ↓ 最大の注意を!

  台風の中心が予報円に入る確率は70%です~ということです! 

  要 注意

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~予報 10.6 11:00

 東京 今日6日  晴れマーク!となっているが・・・??!

~~~~~~~~~~~~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

台風関連ニュース一覧まとめ:今日のニュース話題トレンドNews [天気と気象]

台風18号の影響で 全国各地様々な被害が出ています。

各紙、各メディアとも どこも ほぼ同じような論調になっています。

人が引き起こした、地球温暖化への警鐘だ!という方も勿論います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先ずは、京都渡月橋付近の被害です。
◆(朝日新聞News:です 9/16)
桂川氾濫、渡月橋付近で浸水被害30軒超 京都・嵐山!!!

:京都の観光地・嵐山では、近くを流れる桂川があふれ、渡月橋や旅館前の道路が
観光地・嵐山では、近くを流れる桂川があふれ、渡月橋や旅館前の道路が水につかった

-----------------------------------------------------------------
◆ 京都福知山市 及び 愛知県豊橋市の被害です(朝日News)
 台風18号、列島縦断 3人死亡5人不明 初の特別警報(2013/09/16)
大型の台風18号は16日朝、愛知県豊橋市付近に上陸し、列島を縦断。夕には東北沖
へ抜け、夜までに温帯低気圧に変わった。四国から北海道にかけて激しい雨が降り、
河川の増水や突風による被害が相次いだ。朝日新聞のまとめでは、3人が死亡、
5人が行方不明になり、少なくとも128人がけがをした。気象庁は滋賀と京都
、福井の3府県に大雨に関する初の「特別警報」を発表した。

------------------------------------------------------------------
◆ 福島第一、汚染水タンク周囲の水放出 台風で緊急措置(2013/09/16)朝日News:
東京電力は16日午後、台風18号の大雨で、福島第一原発で汚染水をためている
タンク周囲の堰(せき)の内側にたまった水を放出した。ストロンチウムなどの濃度
が法で定める放出限度(1リットルあたり30ベクレル)より低いといい、緊急措置と
説明している。水は周囲の土壌に流れ、原発内に降った雨水と一緒になり、最終的には
海に流れる可能性がある。 東電によると、16日午後0時40分ごろ、「Cエリア」
と呼んでいる
------------------------------------------------------------------
◆台風18号、温帯低気圧に (朝日News 9/16)
列島を縦断した台風18号は16日午後9時ごろ、北海道の東で温帯低気圧に変わった
。気象庁によると、周辺では引き続き風速15メートル以上の強風が吹いており、
注意が必要だという。 台風18号、温帯低気圧にかわりました。

------------------------------------------------------------------
◆埼玉 北部地区  (朝日News)
「一瞬だった」埼玉や群馬・宮城で突風被害 けが人多数(2013/09/16)
台風18号の影響で、突風による被害も各地で相次いだ。 埼玉県熊谷市などでは
16日未明、竜巻とみられる突風が発生。同市西城の主婦ヘイ美恵子さん(53)
と次男(18)が住む2階建て住宅が吹き飛ばされた。中にいた2人も自宅もろとも
20~30メートル離れた水田まで飛ばされ、顔や手足にけがをした。近くに住む
主婦(63)によると、竜巻に見えたといい、幅約20メートル、高さ50メートル
以上だったという。
---------------------------------------------------------------
◆ もんじゅの伝送システム停止 土砂崩れで原因調査できず(2013/09/16)
台風18号の通過により近くで起きた土砂崩れの影響で半日にわたって担当者が構内に
入れず、復旧のめどはたっていない。 原子炉は停止中だが、規制庁は事故やトラブルが
起きた場合は電話やメールで報告するよう指示した。 規制庁によると、停止したのは
「緊急時対策支援システム」で、午前2時55分ごろ。
------------------------------------------------------------------
◆〈速報〉台風の影響でよしもと祇園花月が休演(2013/09/16)(Goo news)
台風18号の影響で桂川が増水し、浸水被害が出た京都市内では、16日、吉本興業が
運営する「よしもと祇園花月」は昼夜3公演が休演となった。 同劇場は京阪、阪急の
最寄り駅があるが、ともに電車が止まるなどしたことから、同社は「天候不安とともに、
演者輸送の不安もあり、休演を決めた」と説明した。 この日は寄席興行が午後0時30分
と同3時30分開演の2回公演で、夜にはテレビ収録を兼ねた公演が予定されていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上、 様々なニュースひろい読みでしたが、この連休は なんといっても台風でした。
今回、 「命を守る行動」という呼びかけがありましたが、 まさに私たちも常日頃
非常時の対策には十分な普段からの心掛けが必要だということがわかりました。


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

台風 16日関東、東海上陸か!!  [天気と気象]

もうすでに、15日朝4時頃から、こちら東京では風雨の状況となっています。

K10045344411_1309141021_1309141026_01[1].jpg
今日、日曜日にはイベントを抱える催しは大変ですが、先ずはなによりも
「いざというとき」のことを考えた方が良さそうです。

気になる台風です

(↓ 15日 早朝版 時事通信より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
16日朝、東海関東上陸か=大型台風、厳重警戒を―15日から太平洋側大雨・気象庁
2013年9月15日(日)1時18分配信 時事通信

大型の台風18号が、

16日明け方から朝に、暴風域を伴って東海か関東へ上陸する恐れがあると発表した。

台風の北側に発達した雨雲があり、四国と近畿、東海、関東甲信では太平洋側を中心に

15日朝から、北陸と東北は同日夜から大雨となる見込み。

 気象庁は記者会見で「大雨が2日間続くので、土砂災害や洪水に厳重な警戒が必要。
海山のレジャーや屋外作業は控え、市町村の避難勧告・指示に注意してほしい」と
呼び掛けた。交通機関の乱れも予想される。

 15日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海500ミリ、近畿400ミリ、
四国と関東甲信200ミリ、東北100ミリ。16日にかけてさらに雨量が増え、局地的には
1時間80ミリ超の猛烈な雨が降る。

 15日の太平洋側の最大瞬間風速は30~35メートル、波の高さは5~8メートルの
大しけで、高潮にも注意が必要。

 18号は15日午前0時、日本の南海上を時速25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は
985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

中心から北東側650キロ以内と南西側370キロ以内が強風域。
 18号は16日朝に東海・関東に上陸か接近した後は、速度を上げて同日午後に
東北沖に抜け、温帯低気圧に変わる見込み。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

台風情報(10分前)~大雨・暴風雨に注意!万が一に備えて!~ [天気と気象]

K10045344411_1309141021_1309141026_01[1].jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引続き 台風情報です
(9/15 NHK気象情報より)

大型の台風第18号は日本の南を西北西に進んでいます。15日には進路を東よりにかえ
西日本から東日本にかなり接近し、16日には東日本太平洋側に上陸するおそれがあります。
西日本から東北地方にかけての広い範囲で、

大雨、暴風、高波、高潮に警戒してください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(昨日9/14分です)


竜巻被害、そして先の九州、山陰、北陸地方等での大雨、豪雨被害のニュースはつい先日
のような、ほんの少し前の出来事で、今なお私たちの脳裏にははっきりと、その被害の状況が
焼き付いていますが・・・・

    今度は台風18号です!

なんといっても、もしもの時、まさか!の時というのは、なかなか私たちも予期できない
ことですが、 その、まさかに備えて、 考えられるすべてのことを対策として備えていた方が
良さそうです。 災害~に対しては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


◆ (最新 共同News 9/14 昼前)
台風18号、大型化し接近へ=太平洋側、15日に猛烈な雨-気象庁


 気象庁は14日、日本列島の南海上を北上する台風18号が大型になり、
風速15メートル以上の強風域が拡大したと発表した。今後さらに勢力を強め
、同25メートル以上の暴風域を伴って16日に東海や関東の太平洋沿岸に
かなり接近する見込み。

 近畿から東北の太平洋側では15日から局地的に猛烈な雨が降り、
16日は暴風が吹いて海上は大しけとなる。西日本から東北の広い範囲で大雨
となる恐れもあり、早めの警戒が必要。


▼ (参考:NHK newsより9/14朝)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「台風18号 接近前に猛烈な雨も



大型の台風18号は、小笠原諸島の近海を北上していて15日から16日にかけて、
本州の太平洋側に近づくと予想されています。
太平洋側を中心に、15日は台風が近づく前から局地的に猛烈な雨が降るおそれがあり、
気象庁は早めの備えを呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、大型の台風18号は、14日午前9時には小笠原諸島の
近海を1時間に25キロの速さで西北西へ進んでいます。
中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル
、中心の北東側650キロ以内と、南西側370キロ以内では風速15メートル以上の強い風
が吹いています。


台風は15日から16日にかけて、次第に勢力を強めながら東海や関東など、本州の
太平洋側に近づくと予想されています。

さらに16日にかけては西日本と東日本、それに東北の広い範囲で雨量が多くなり、各地で
大雨になるおそれがあります。

このほか太平洋沿岸では次第に波やうねりが高くなり、16日には近畿から東北の各地で
非常に強い風も吹いてところによって大しけとなる見込みです。

気象庁は、地元の気象台や自治体が発表する情報に注意するとともに、雨や風が強まる前に、
早めに台風に対する備えを進めてほしいと呼びかけています。

~~にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

台風18号 15・16日関東一円も注意!16日注意!:今日の話題ニュース [天気と気象]

K10045344411_1309141021_1309141026_01[1].jpg





竜巻被害、そして先の九州、山陰、北陸地方等での大雨、豪雨被害のニュースはつい先日
のような、ほんの少し前の出来事で、今なお私たちの脳裏にははっきりと、その被害の状況が
焼き付いていますが・・・・

    今度は台風18号です!

なんといっても、もしもの時、まさか!の時というのは、なかなか私たちも予期できない
ことですが、 その、まさかに備えて、 考えられるすべてのことを対策として備えていた方が
良さそうです。 災害~に対しては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


◆ (最新 共同News 9/14 昼前)
台風18号、大型化し接近へ=太平洋側、15日に猛烈な雨-気象庁


 気象庁は14日、日本列島の南海上を北上する台風18号が大型になり、
風速15メートル以上の強風域が拡大したと発表した。今後さらに勢力を強め
、同25メートル以上の暴風域を伴って16日に東海や関東の太平洋沿岸に
かなり接近する見込み。

 近畿から東北の太平洋側では15日から局地的に猛烈な雨が降り、
16日は暴風が吹いて海上は大しけとなる。西日本から東北の広い範囲で大雨
となる恐れもあり、早めの警戒が必要。


▼ (参考:NHK newsより9/14朝)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「台風18号 接近前に猛烈な雨も



大型の台風18号は、小笠原諸島の近海を北上していて15日から16日にかけて、
本州の太平洋側に近づくと予想されています。
太平洋側を中心に、15日は台風が近づく前から局地的に猛烈な雨が降るおそれがあり、
気象庁は早めの備えを呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、大型の台風18号は、14日午前9時には小笠原諸島の
近海を1時間に25キロの速さで西北西へ進んでいます。
中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル
、中心の北東側650キロ以内と、南西側370キロ以内では風速15メートル以上の強い風
が吹いています。


台風は15日から16日にかけて、次第に勢力を強めながら東海や関東など、本州の
太平洋側に近づくと予想されています。

さらに16日にかけては西日本と東日本、それに東北の広い範囲で雨量が多くなり、各地で
大雨になるおそれがあります。

このほか太平洋沿岸では次第に波やうねりが高くなり、16日には近畿から東北の各地で
非常に強い風も吹いてところによって大しけとなる見込みです。

気象庁は、地元の気象台や自治体が発表する情報に注意するとともに、雨や風が強まる前に、
早めに台風に対する備えを進めてほしいと呼びかけています。

~~にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

気になる!台風15号 その後どうなる!? [天気と気象]

 日本も、中国も 異常気象と豪雨で 大変なことになっています。

 日本各地でも、山陰地区などで かつてない豪雨、想像を絶する局地的な
 大雨等で床上浸水となり、被災者は大変な思いをしています。

      一方、中国の東北部(東北3省)でも、 数十名規模の死者が出ていたり、
      山崩れ等で部落ごとに崩壊しています。

さて、 台風は:
 台風15号:「特別警報級」大雨も 土砂災害など警戒を

 こちら、毎日News:関係 22:40
   日本列島は30日、前線の影響で全国的に雨の所が多く、北陸や九州北部を中心に
   非常に激しい雨が降った。

   台風15号が接近しており、31日にかけ、
   西日本では日本海側を中心に広い範囲で大雨になる見込み。
   気象庁は「同じ場所に降り続ければ、特別警報級の大雨になる可能性もある」としており、
   土砂災害や浸水被害などへの警戒を呼びかけている。


   同庁によると、北海道付近の低気圧から西日本の日本海側に延びる前線に暖かく湿った
   空気が流れ込んだ。30日午後は台風15号の影響も加わり、福岡市で1時間に72.5ミリ、
   長崎県松浦市で58.5ミリ、平戸市で57.0ミリの非常に激しい雨を観測した。

                台風15号は30日の日中、東シナ海を北東に進んだ。午後3時現在の
                中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。
               
                31日には温帯低気圧に変わり、前線と一体化する見込みだが、大雨
                 への警戒は引き続き必要だ。31日夕までの24時間予想雨量は山口県、
                 九州北部250ミリ▽四国200ミリ ^^^~~~ということです。

   しかし、今日30日は 確かに暑かった!ですね。 東京も今年3番目の暑さとか・・・・・。

参考:
all-00[1].png

(Image ↓ 中国も大変です)
A56449864DD78486DBCE33074D18F5FA[1].jpg

 → 中国例【四川省、豪雨で58人死亡175人行方不明】記者会見によると、7日からの豪雨で、346万8900人が被災者となり、58人が死亡、175人が行方不明となっている。また、倒壊した家屋も1万3400戸に上っている。うち、都江堰で起きた土砂崩れでは、44人の死亡が確認され、117人が行方不明になっている。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

山形県や 中国四川省でも豪雨により被害大! [天気と気象]

◆ 世界的に 豪雨による被害が続出しています!

中国でもニュース番組では1時間ごとに、四川省内の豪雨被害、がけ崩れや
行方不明者の数等について繰り返し繰り返し報道しています。


つい先月は ヨーロッパやインド・中東地区でも同じような大きな被害の状況が
琴鼓膜報道されていましたが、やはり、この

    水の力、恐ろしさというものは我々の想像を 大きく超えています。
    それだけ、」その威力というものは 改めてものすごいと思いました。

それにしても、中国四川省の状況は大変です。 特に、2008年の四川地震で
被害を受けた地区が、再びここで再度、災害にあうということは大変な悲しみ
です。

▼ 一方で、ここ日本では

  山形県で起きた豪雨で、やはり大きな被害が出ています。
  まだ、5人が孤立状態となっているとのことです。

  山形県も、 そして中国四川省の被災地も山で囲まれていたりして、日頃
  厳しい生活をしている人たちの、今回のダブルともいうべき被蓋には、涙も
  出るくらい悲しいことだと感じています。

  私も、当時、08年の地震の時、3か月遅れでまさにその地を訪れて、実情を
  見てみましたが、大変でした。


  今回、~大江町では、土砂崩れの影響で、2世帯・5人が孤立した状態となって
  て、この地区での 住宅の床上、床下浸水は84棟におよんでいるということです。

日本という地理的にも災害に逢いやすい地形ということおありますが、中国四川省
同様に、 豪雨等による災害は、毎年、予想されることですから、私たちも常に、対策
を考えておかなければなりませんね。

中国でも 暑い夏 熱中症 豪雨 水が・・・その対策は [天気と気象]



とにかく暑い!夏 ! 水が、飲み物が・・・・と言いたくなる夏到来です。

日本各地でも35度を超す熱帯夜が続いていますが、それにしても不安定な
気候と気象現象も続いています。

豪雨被害・災害による避難や、その災害に備えた対策等は日本ばかりでなく、
中国内でも同じ状況が続いているようです。

数年前までは雨無し、日照りの続く日本列島の際は、少しでも恵みの雨を!と
願っていたものですが、いざ、集中豪雨と断続的な荒れ模様の天気による災害
も、これまた深刻です。

私たちも、このモ~レツな暑さ対策には、子供もお年寄りも十分に注意を払う
必要があります。

外出にあたっては、 必ずと言っていいほど「水」を持参し、 紫外線や日焼け対策
、そして、瞬時に襲ってくる熱中症の症状、眩暈、立ちくらみ等など、常に気を付ける
必要があります。

自分自身では、大丈夫と思っていても、ついつい、うっかりすると大変な目にあいます。
このような、各種の熱中症対策には、やはり、適度の急用と水分補給、そして時には
身体を一部冷やすなど、あらかじめ考えられることに対しては、総てに備えておかねば
なりません。

そして、私たちの体~健康面だけのことに限らず、「豪雨」に対する対策が同時に必要
なことは言うまでもありません。

気象情報に十分に注意し、町・村の災害対策情報や天気予報にも必ず目を通す必要
があります。 また、家屋ばかりでなく、周辺に位置する橋や地盤の弱そうな箇所、増水
してひざ上まで浸水しそうな地域や、 いわゆる鉄砲水で、小さな川でも突然に殺人河川
になる場合もありますので気象情報には、過敏すぎるほどの注意を払うことが重要です。

今年の夏は、日本でも、そして隣の中国でも、そして世界のあちこちにおいても同じような
現象が続いています。

同じ地球に生きる人間として、互いに気をつけましょう!!




天気と気象 ブログトップ