<海外の出来事
So-net無料ブログ作成
海外の出来事 ブログトップ

訪日インバウンド 春節と中国人客の動向 [海外の出来事]

外の天気と空気が温かい~というより、上着を脱ぎ、

汗ばむほどの外の気温だった東京。

通りと店の前には沢山の観光客が楽し気に買い物と

荷物の整理をしている。

その姿は、例年通り、というか昨年同様に店内も、店の

外も明らかにごった返しているように見える。

が、今年は団体さんが明らかに激減しているのは明らかだ。

目瀬の前の、停まっているバスの台数と小型車の数が断然

異なる~昨年に比べ大きく減っている。

大阪から来た運転手さんに聞いてみた。

「今年の正月(1月、いわゆる日本の正月)は12日間、全く

運転手としての仕事がなかった。今年は暇だ!と。

一方で、個人客は明らかに増加している。

煙台の訪日客数は昨年とほぼ同じということは、 相対的に

団体が減っているということだ。

◆ポカポカ陽気に 春節風物詩~訪日客全体の客数は増加も
「団体の塊~純粋な団体」は明らかに減少。

一方、個人客急増。
今年の春節からの大きな変化~。受入側も対応に大きな変化。


 それにして、今日の天気は暑かった~近くの公園では春陽気。
(↓Pht;123銀座での団体と塊。Pht45:月島での公園~)


画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、靴
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外
















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


=====2017年 今年も精力的に取り組みます====


中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!


国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。


   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他


   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国シリース 街で 田舎で~100年は・・・まだまだ・・・ [海外の出来事]

中国 次次刻刻Series;今日ニュース~ あと50年,100年・・・。

今日の話題最新ニュース

中國広し、 文化文明も様々・・・

 しかし徳の心は 一つであるべきだが、数千年の歴史を要する中國

 では事情が、ちと異なる。

これも一首の文明なのだろうか。

◆中国 次次刻刻Series;今日ニュース~ あと50年,100年・・・。


  春節も終わり、各メディアの反応の一つ・・・:


  「春節だから、「文化の違い」だけでは済まされない今後。


  全土をめぐり必ず出くわす光景:大虎を叩くよりまずはコレ!
 (↓ Pht: 1,5:my pht, 2,3,4Media news)車内や旧跡地にて様々な報道。:

出游迎高峰 多地游客爆棚

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


中国が今、そしてかつて~長江に生きる [海外の出来事]

150163_1[1].jpg150163_1[1].jpg150163_1[1].jpg

中国シリーズ:長江に生きる~Good!

中国シリーズ~ 今週、「長江に生きる」という上映会が工学院大孔子学院

にて、で開かれました。

あの 雄大な 長江でのダム建設にともない、川底に沈む湖北省を舞台とした

山村・ 農村にて 「秉愛(ビンアイ)」という名の一農婦とその家族や、その村に

住む人たちと、地方での党・政府幹部の役人達との日々の闘いを描いたドラマ

です。


 湖北省を舞台としていますが、いまや中国内 全地域でこのように、農民たちと

 地方政府、更には、地上げ屋等との 執拗な闘いが今でも多く続いています。



 昨年そして今年も中国各地の農村を旅しましたが、各地の農村では、このような

 地方での開発と環境保全、そして自分たちの土地を、住まいを守るための闘いが

 いたる所で勃発しています。



 今や、地方の農民が、大都会の北京に押し寄せ、立ち退きに伴う紛争に関し、陳情を



 続けています。

 現代中国での様々な情景が、当時の長江を舞台とした湖北省や重慶流域の土地で

 繰り広げられています。
DSCN3569.JPG

速報版アメリカワシントン 銃乱射13名死亡 軍施設 [海外の出来事]

再び悲しい事件です


病めるアメリカ 銃乱射で13名死亡

アメリカワシントンの軍施設にて 容疑者複数のようですが銃を乱射!

速報 → 雨利アk銃乱射 動画、映像です
http://www.youtube.com/watch?v=Qd8pzbxLoJ0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆9/17FNNニュースより:
米海軍施設で銃乱射し立てこもり 十数人死傷 米・ワシントン

アメリカ・ワシントン市内にある海軍施設で16日朝、発砲事件があり、少なくとも数人が負傷
した。犯人は、いまだに建物内に立てこもっているもよう。
16日午前8時20分ごろ、ワシントンにある海軍の海上システム司令部の建物で、発砲事件が発生し、
これまでに警察官を含めて、数人が負傷した。
犯人は現在も立てこもっており、現地メディアは、犯人は黒人男性で、黒い上着と黒いジーンズを
着ているとしている。
また地元メディアは、この事件で4人が死亡し、8人が負傷したと報じており、さらに犠牲者が拡大
するおそれも出ている。

北朝鮮と中国 経済特区は?:今日のニュース話題トレンドその後・・旅ある記 [海外の出来事]

DSCN0437.JPG

今回、この夏休み期間中、 先月に国境の街を訪問しましたが、あらためて「北朝鮮」の一部を
触れたいと思います。

  国境の街 図門(*)江は、吉林省の省都 長春から列車で9時間くらいかかりました。

  勿論、バスもあります。
     ただ、長春の駅も 現在は 表玄関側が工事中です。 いったいどこから入っていいのかと
     迷うこともあります。

長春駅前は工事中!  列車は走っていません!

あらかじめ、事前に情報を仕入してからいかないと、列車に乗り遅れます。

     現在は、表玄関駅前より、無料接続バスがあり、 裏側~北側へ バスで5分程度で
     着きます。  が、 初めての方は、 この路線バス(無料バスへは乗れないと思います。

     特に注意することは、駅前に沢山のホテル旅館がありますが、ここに泊まると、翌日、
     北側より発車する改札まで、 歩くと30分はかかりますので、 1時間以上余裕をみて
     列車に乗るようにしましょう。


 ↓ 以下、先月の 旅ある記の一部と感想です~ 中国北朝鮮・観光~看考~敢行記です:
 今、話題の、中朝国境の街 「图们市」(豆満江~

DSCN0462.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 国境の 橋の所まで行くと、 まさにすぐ前、目の前に 北朝鮮の町があります。

 この辺は、 同じ国境の街、 丹東とは全く異なります。
    遼寧省、大連からいく 丹東は、 連絡橋も かなり長く、 鴨緑江をはさんで見える
    北朝鮮の景色とはかなり異なりますし、 臨場感も違います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 橋を渡り、ほんの一歩(入って)きました! 北朝鮮(一瞬)!~境界線を

 越えです。韓国・北朝鮮の国境のような物々しさ、厳しさは感じられません。

 監視する係員は1人のみで極めてラフな格好で、国境線を越えても厳しく

 注意 指導するような感じはありません~やはり兄弟国家・中朝の関係だか

 らでしょうか。(なにか、いつでも北朝鮮側へ駆け抜けそうな感じでもあります?)

------------------------------------------------------------------

 橋の中間・境界線を越えればすぐ 目の前が北朝鮮(↑カバー写真 )です。


駅から三輪車の乗れば約4,5分で 口岸(コウアン)と言われる国境地点の川

の所まで来られます。( 通常3元~5元 50円~80円程度です)。

    勿論、時間があれば、のんびり徒歩であちこち眺めながらたどり着くこと

    もできます。 ハングル・北朝鮮語の書かれた店が一杯ならんでいます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この街は 豆満江(川)沿いの、注目の土地ですが、数年前から報道されて
いたような、中朝経済開発の町と呼ぶには程遠い感じです。

DSCN0468.JPG

  今後また、来年6月頃、 是非ともこの地区へ行ってみたいと思っています。

  FIT2,3名の方のこのような企画にも手配を受けたまわります。
                                   Kanko Bunka T:

北朝鮮 一瞬入ってきました!中朝国境の街 图们へ [海外の出来事]


◇ ◇ ついに、入ってきました!北朝鮮!国境線を一歩踏み込んで~一瞬ですが◇ ◇
 先週、ついに一歩 足を踏み込んできました。

 最近も何かと話題の多い北朝鮮情勢ですが、
    中国北朝鮮国境の街~图们市内(中国側)
    朝鮮族の人が多く住み 建物や商店には朝鮮語も併記
    ここから更に東の方向には⇒日本海やロシア領ウラジオストックへもすぐ!という
     位置関係にあります。

 然し、この地は、国境といってもあまり物々しい感じはしません。
 韓国北朝鮮国境での ピリピリとしたものは感じられない・・・・・これも、中朝という兄弟
 の間柄でもある両国だからでしょうね。


 图们駅舎、 汽車・バスターミナル、そして百貨店、 市内のレストランや郵便局・・・・
 みな中国語とハングル・朝鮮語の併記となっています。

 それにしても、もうひとつ気になるのが、北朝鮮と韓国との会談のこれからの行方です
 が、もはや北朝鮮にとっても、今までのような駄々をこねるような余裕はもうないでしょうね。

 今や、中国・韓国、 そして中国・米国というように次々と経済関係の交渉を矢継ぎ早に
 驀進している中国ですから、 北朝鮮も今後、必死になって経済改革を進めてくるのでは
 と思われます。



米国での韓国機・飛行機事故で夏の空の旅減少? [海外の出来事]

中国や韓国では連日サンフランシスコでのアシアナ航空の事故を報じています。

当然のことと思います。 特に、中国においては国家的な安心安全問題の勃発
ということもあり、 ニュース番組ではほぼ1時間ごとにトップニュースでとりあげて
いるほどです。

確かに乗客の半数近くが中国人とあって、連日、毎時のように、事故の続報と、その
原因究明結果等をテレビ番組で取り上げています。

⇒ 事故の原因は??

  どうやら、事故の原因は操縦してた副機長と、その操縦を監督する機長の操縦ミス
  ということが最も大きな原因ではないかと、報じています。

  → そして、 着陸の1,2分前の着陸にあたっての判断等にも原因があると報じて
     います。

私も、飛行に乗る機会は大変多いですが、飛行機事故で一番起きる可能性があるのは、
   
    →  離陸時
    →  着陸時  この離発着時が一番事故が起きる可能性が高いということは、

 ⇒ 少なくとも、この時間を中心に 操縦にあたっては乗員~操縦士の2人、3人が必ず
   万全の態勢で、機内外の状況を把握し、機長任せ、副機長任せとならないようにする
   ことが、事故の発生を防ぐことであると思われます。

今回も、フライトレコーダーの回収、分析からはじまり、事故原因の徹底究明ということに
なるわけですが、曾て、いくつもの飛行機事故が日本内外で起こりましたが、結局は、本当
の事故原因~本当に遺族や乗客が知りたいこと~はなんとなく漠然とした結果に終わって
います。

今回も、 一乗員、操縦士の責任のみで終わらせることなく、会社として、組織全体として、
そして、世界的な航空業界の最大の今後の研究課題としても、事故の原因を究明して
ほしいものです。

  ~~~ 今、将に、 夏の旅のシーズンになっていますが、

       このような事故が起きると、 必ず海外旅行の需要は減少します。
          特に 日本国内でなくとも、もっとも身近な隣の韓国の飛行機であり、
          日韓間も多くの便が就航していること、
          金浦や仁川経由の海外旅行が、今後もますます増えること
    
        等などの影響で、 この夏の空の旅が幾分減少することも止むを得ません。


海外の出来事 ブログトップ