<政治経済
So-net無料ブログ作成
検索選択
政治経済 ブログトップ

6月第1週土曜日6/3 13時中国問題を読み解く 東京都日中友好協会孔子学院にて [政治経済]


中国問題を読み解く

               

中国の変化と未来 ~中国問題を読み解く講座 6/3(土)

東京都日中友好協会・工学院大孔子学院共催

中国関係者 の皆様

 次のとおり中国問題を読み解くシリーズとして

 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院の

 共同講座が開催されます@西新宿:工学院大4階

   6月3日(土)13時~14時半

 

 
 主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院
          
  
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6月 「2017年 全人代~米中関係の展望」6/3(土)13:00-14:30

  (講師 矢吹 晋 氏)東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、

           アジア経済研究所 現在横浜市立大学名誉教授

 6月3日(土)13時~    
 
 ~~~~~~~~ 共通 ~~~~~~~~~~~~~
 
 ■参加費  おひとり 2000円 ( 学生500円)

 ◆ 場所( 5月)工学院大学(中層棟4F)孔子学院
 
   *新宿駅西口:都庁方面へ向かって徒歩5分~7分程度)
     西新宿出口より地下通路利用が便利です。
     (工学院大学:中層棟エレベーターにて4階へ)
             
 
申込方法 メール(またはFAX、電話にて)お申込みください。
     ・名前(フリガナ)(人数)、
     ・連絡先(電話番号、携帯等)付記
     ・メールアドレス付記(必須)
 
     *5月~7月も 開催分 受付してます:開催日も必ず
       ご記入の上、お申し込み下さい。
 
     
  ~~~、メールにてお申し込みお願いいたします~~~~
     
 
 (◆メール等申込)⇒ 東京都日中: to-nicchu@jcfa-tyo.net
 
        または(広報係) akisawatourism@yahoo.co.jp
        または孔子学院  cik@kogakuin.ac.jp  迄
皆様の 参加をお待ちしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月3日(土)13時、 開催中国問題を読み解く~
 
   
 
 共同講座(東京都日中友好協会・孔子学院)
      主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院
 
 
 
 
 
 
 
   
 ~~~~~~~~ 共通 事項~~~~~~~~~~~~~
 
 ■参加費  おひとり 2000円 ( 学生500円)

 ◆ 場所(4月~7月)工学院大学(中層棟4F)孔子学院
 
   *新宿駅西口:都庁方面へ向かって徒歩5分~7分程度)
     西新宿出口より地下通路利用が便利です。
     (工学院大学:中層棟エレベーターにて4階へ)
             
 
申込方法 メール(またはFAX、電話にて)お申込みください。
     ・名前(フリガナ)(人数)、
     ・連絡先(電話番号、携帯等)付記
     ・メールアドレス付記(必須)
 
     *4月~7月 開催分 受付してます:開催日も必ず
       ご記入の上、お申し込み下さい。
 
     
  ~~~極力、メールにてお申し込みお願いいたします~~~~
     
 
 (◆メール等申込)⇒       
             事務局へメール: to-nicchu@jcfa-tyo.net 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 6月 「2017年 全人代~米中関係の展望」6/3(土)13:00-14:30

  (講師 矢吹 晋 氏)東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、

           アジア経済研究所 現在横浜市立大学名誉教授

 6月3日(土)13時~    

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 


中国問題を読み解く~5/9 19時@孔子学院 共同講座で知識も教養も・・ [政治経済]


明日5/9 夕刻19時 知識も教養も 共同講座~中国問題を

 

=====新たに、 気分も切り替え、知識も吸収 =====

GW連休明け~頭も切り替え 知識も身につけよう・・・
   明日5/9(火)夜 西新宿
     開催 中国問題を読み解く~
 共同講座東京都日中友好協会・孔子学院)
        ご案内 大学生500円(一般2千円)...
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  2017年全人代~ジャーナリストとしての中国経済観察
  (講 師:莫 邦富 作家・ジャーナリスト)
 ■日 時 5月9日(火)19:00~20:30
 ~~~~~~~~ 共通 ~~~~~~~~~~~~~
■参加費 おひとり 学生5百円、一般2000円
  *新宿駅西口:都庁方面へ向かって徒歩5分~7分程度)
   西新宿出口より地下通路利用が便利です。
  (工学院大学:中層棟エレベーターにて4階へ)
◆申込 メール(またはFAX、電話にて)お申込みください。
  ・名前(フリガナ)(人数)、・連絡先(電話番号、携帯等)
     ・メールアドレス付記(必須)
      ご記入の上、お申し込み下さい。
  ~~~メールにてお申し込みお願いいたします~~~~
 (◆メール等申込)⇒ to-nicchu@jcfa-tyo.net 東京都日中
  急ぎ:広報 秋澤宛:akisawatourism@yahoo.co.jp宛
  *FB付受:Message 可

 

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト
コメント

東京都日中・孔子学院等の主催・共催の 講演会4/22、共同講座4/25ご案内 [政治経済]

都日中の主催・共催4/22(土)、4/25(火:19時)の講演・共同講座に参加しませんか~

4月です~ 思い切って講座・セミナー等に参加しよう。

  中国問題を読み解く講座は原則、平日の19時からです(新宿)。

   (4.5,7月は19:00~、 6/3は土曜開催です)

4月22日(土)久間初代防衛大臣講演とパネルD

       16:00~@池袋

4月25日(火)中国問題を読み解く共同講座~他、5・6・7月

       19:00~@西新宿

皆さま、 桜の~季節は 新しい知識を得るための始まり~

でもあります。

                     4月・・・・となりました。
   4月及び4月以降の講演会・講座等が次のとおり開催されます。
  
 
A 4/22(土)久間初代防衛大臣講演・パネルディスカッション
       (青年委員会企画 )
B 4/25(火)他7月まで毎月 の 中国問題を読み解く 共同講座ご案内
        (都日中及び孔子学院 共同講座)
~講演会・ 共同講座 皆様のご参加 お待ちしています~

(お申込みは簡単です 当メールで 可能です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都日中 御中  講演会・講座等 申込書
 A:4/22講演会 B:4/25~7月中国問題を読み解く講座 
A 4/22(土)久間初代防衛大臣講演・パネルディスカッション
B 4/25(火)他7月までの中国問題を読み解く共同講座 
(詳細は下記 開催明細等を参照ください)
      
==========A=================
A 講演:久間初代防衛大臣が語る~
   およびパネルディスカッション開催 
 ■ 2017年422(土)15:30~(開場)
 
 
  プログラム
 15:30 開場 16:00 開演 
 1605 講演「久間初代防衛大臣が語る!~」
 16:55 休憩
 17:00 パネルディスカッション
 モデレーター東京都日中友好協会青年委員会委員 永野 剛 
 パネラー  同青年委員会委員長 伊藤 洋平
 パネラー  上場物流企業勤務・上海駐在経験者 小櫃 基
 パネラー  初代防衛大臣
        安全保障議員協議会 会長 久間 章生氏
 
 ◆参加費:1,000円  


  ※申し込み締切:4月15日(土)

  ◆問い合わせ等(東京都日中友好協会)
   メール:  to-nicchu@jcfa-tyo.net
  
  
===========B===============
B 2017年4月・5月~7月開催中国問題を読み解く~

 共同講座(東京都日中友好協会・孔子学院)
     共同講座 4月~7月分 ご案内
 主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院
4月「2017年全人代~『中国の夢』の行方」
 (講師:森 保浩 氏 共同通信 論説員)
 ■日 時 4月25(火)19:00~20:30
  参加費 2000円(大学生・学生500円)

5月 2017年全人代~ジャーナリストとしての中国経済観察
 (講 師:莫 邦富  作家・ジャーナリスト)
 ■日 時 5月9日(火)19:00~20:30

6月 「2017年 全人代~米中関係の展望」

 (講師 矢吹 晋 氏)東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、アジア経済研究所
            現在横浜市立大学名誉教授
  ■日 時 6月3日(土)13:00~14:30
7月 2017年 全人代~一帯一路を展望する」  


 (講師 江原規由 氏)国際貿易投資研究所 チーフエコノミスト
  ■日 時 7月11日(火)19:00~20:30
  
 ~~~~~~~~4月~7月 共通 ~~~~~~~~~~~~~

 ■参加費  おひとり 2000円 ( 学生500円)

 ◆ 場所(4月~7月)工学院大学(中層棟4F)孔子学院
   *新宿駅西口:都庁方面へ向かって徒歩5分~7分程度)
     西新宿出口より地下通路利用が便利です。
     (工学院大学:中層棟エレベーターにて4階へ)
             
申込方法 メール(またはFAX、電話にて)お申込みください。
     ・名前(フリガナ)(人数)、
     ・連絡先(電話番号、携帯等)付記
     ・メールアドレス付記(必須)
     *4月~7月 開催分 受付してます:開催日も必ず
       ご記入の上、お申し込み下さい。
     
  ~~~極力、メールにてお申し込みお願いいたします~~~~
     
 
 (◆メール等申込)⇒ to-nicchu@jcfa-tyo.net 東京都日中
   (急ぎ:  ⇒ 広報:akisawatourism@yahoo.co.jp迄)
  
   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

共同講座 中国問題を読み解く~4月--7月東京都日中+孔子学院 ご案内 [政治経済]

4/25(火)及び5月~7月迄 東京都日中・孔子学院共同講座「中国問題を読み解く」 ご案内

 

共同講座「中国問題を読み解く」4月~7月毎月開催 ご案内

        連続講座~中国問題を読み解く~併せてご案内

  

主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院

「2017年全人代~『中国の夢』の行方」

4月分  講師:森 保裕氏・共同通信論説委員  

日 時 4月25日(火)19:00~20:30 受付中

 及び  5月~7月連続講座 併せて受付中です。 

■場 所 工学院大学(中層棟4F)孔子学院:西新宿です

■参加費 お一人様 2000円(当日支払も可))学生500円

■申込方法 メール(またはFAX、電話にて)直接お申込みください。

     ・名前(フリガナ)、・連絡先(電話番号、携帯等)付記

     ・メールアドレス付記(必須)

 (◆メール等申込)⇒都日中広報:akisawatourism@yahoo.co.jp宛

       (*または東京都日中事務局へメールで申込み)

*       to-nicchu@jcfa-tyo.net

       参考:℡03-3295-8241 Fax 03-3295-8255 

                    *電話、FAXは4/1より受付開始します

 ~共同講座 ご案内~

春には中国の国会とも言われる全国人民代表大会、政治協商会議や

返還20周年となる香港行政長官選挙があり、秋には国交正常化45周年

の記念日や共産党党大会も予定されています。隣国、中国の動向を

知ることは日本にとって非常に重要であり、語学習得の近道でもあ

ります。今期は3月上旬に開催された、今年の中国の向う方向を内外

に伝える「全国人民代表大会」(全人代)を多角的な目線で解説し

ます。

◆講師 ご紹介 4/25

森 保裕 氏 (共同通信 論説委員)

1957年3月愛媛県生まれ。1981年3月早稲田大学第1文学部

            (中国文学専攻)卒業後

共同通信社に入社。

地方勤務を経て本社外信部へ。中国中山大学(広州)へ中国語研修留学の後、

北京支局記者、中国総局長(北京)、台北支局長を歴任。08年4月~14年10月、

編集委員、論説委員。14年10月~17年3月、論説副委員長。

現在、論説委員(兼編集委員)

また、獨協大学非常勤講師(中国研究、マスコミ論)、

昭和学院短期大学非常勤講師

( 国際関係論)としても教鞭をとる。中国研究所発行「中国年鑑」編集委員。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~共同講座 ご参加 お待ちしています~

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 以下は、5月以降の講座ご案内です

 5月、6月、7月の共同講座のご案内です↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

====4月以降の 共同講座ご案内(予定)===

主題:中国問題を読み解くシリーズ ご案内

開講日:5/9(火)、6/3(土)、7/11(火) (全4回)

5/9(火) 19:00~20:30

「2017年 全人代~ ジャーナリストとしての中国経済観察」

莫邦富氏 (作家 ジャーナリスト)

1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て

、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から社会文化

にいたる幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭」といった新語

を日本に定着させた。また日本企業や日本製商品の中国進出・販売・

ブランディング戦略に関して積極的にアドバイスを行っており、

日中の経済交流に精力的に取り組んでいる。

現在、「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

(ダイヤモンド・オンライン)、「莫邦富の『以心伝心』講座」

(時事通信社)、「莫邦富の日本管窺」(日経中文網)など、

コラム多数を好評連載中。最新刊は『この日本、愛すればこそ

ー新華僑40年の履歴書』(岩波現代文庫)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6/3(土)13:00~14:30 **

「2017年 全人代~米中関係の展望」

矢吹 晋氏

1938年、福島県生まれ。東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、

アジア経済研究所を経て、04年3月まで横浜市立大学教授。 現在、

横浜市立大学名誉教授。財・東洋文庫研究員、21世紀中国総研

ディレクター、朝河貫一顕彰協会代表理事。近年の著書「沖縄

ナワを解く」(情況出版)、「南シナ海領土紛争と日本」(花伝社)、

「対米従属の原点ペリーの白旗」(花伝社)、「尖閣衝突は沖縄返還

にはじまる」(花伝社)(中国語訳、社会科学文献出版社)、

「チャイメリカ : 米中結託と日本の進路」(花伝社)他

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7/11(火) 19:00~20:30

 「2017年 全人代~一帯一路を展望する」 

江原規由氏 ((財)国際貿易投資研究所 チーフエコノミスト)

1950年生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。日本貿易

振興会(ジェトロ)入会。香港大学研修、日中経済協会出向など

を経て、1993年大連事務所初代所長。

1998年大連旅順名誉市民を授与される。2001年北京・センター

所長、2010年上海万博日本館館長に就任。現在、(財)国際貿易

投資研究所 チーフエコノミスト

主要著作 「ドライブイン中国-東北三省のひと・自然・歴史を

たずねて10万キロ」(ジェトロ)、

「世界華商経済年鑑<1998年/1999年>」(共著、世界知識出版社)、

「大連に暮らす」(ジェトロ)、「職在中国」(ジェトロ)、

「大中華圏」(共著、岩波書店)、「中国経済36景」

(中国外文出版社)、「中国経済最前線」(共著、ジェトロ)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ~~~中国問題を 読み解く 「共同講座」~~~~~

   東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院

   

 ~共同講座 ご案内~

春には中国の国会とも言われる全国人民代表大会、政治協商会議や

返還20周年となる香港行政長官選挙があり、秋には国交正常化45周年

の記念日や共産党党大会も予定されています。隣国、中国の動向を

知ることは日本にとって非常に重要であり、語学習得の近道でもあ

ります。今期は3月上旬に開催された、今年の中国の向う方向を内外

に伝える「全国人民代表大会」(全人代)を多角的な目線で解説し

ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多くの参加者のご来訪をお待ちしています。

お問い合わせ、お申し込みは 等は下記まで:

4回分一括でも受付中です。

 メール: akisawatourism@yahoo.co.jp (東京都日中:広報 秋澤) 

  *氏名(フリガナ 付記)、携帯等連絡先電話、メール

  (差し支えなければ 所属団体や所属、職業等も併せてどうぞ) 

  ◆東京都日中では (ネット)会員等募集中です 、イベント、行事

   討論会、セミナー、中国情報等のお知らせも併せて行っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国の現実と歴史・風土・地域から見て・・・ [政治経済]

話題の米国よりも~中国の重みと歴史と地域を垣間見る~

◆次々刻々中国series~中国各地「特派員」から~寒そうだ:


様々な情報が日々送られているが、やはり現場の生の声や
映像は参考になる。 寒空の中国。北京である・・。


今、何かと米国の話題情報が圧倒的に多い。昨日今日の話題で
持ちきりだが歴史の重みは全くない。やはり中国だろう。...


歴史の違いや地域ごとの格差等の面を考えると考え深いものだ。
 (Pht:北京各地~様々な場面~)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、家、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし~飛行機、ホテル,列車手配等

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し~訪日宿泊ガイド、輸送等

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指す~東京、お江戸の旅企画

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

===========================

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

もまた宜しくお願いいたします。


伝統の築地から 豊洲へ ~移転問題その後 [政治経済]

伝統の築地から~若者の街・豊洲へ 観光客、訪日客はどうなる?

今日の話題最新ニュース

◇◆次々刻々~築地から新豊洲市場へ(2)

 やってくるか?伝統の市場から~
  若者・巨大ビル・新築建物の豊洲へ・・?

  訪日客はどう反応?


  あの、活気を帯びた古い古風な店が軒を

  連ねる築地から豊洲へ・・?


「ゆりかもめ」も豊洲から築地・勝鬨橋へ、

バスもBRTで築地から豊洲へ?

(然しまだまだ先のことです~)

若者の街、若い町・街:豊洲に変化はあり?...
(↓わずか2Kばかり離れた距離ですが・・

あと20~30年はかかりそうだ!)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

7月23日午後 東京都日中友好協会、工学院にて大学生発表会と経済講演開催 [政治経済]

  事前登録が必要ですが、工学院大学孔子学院にて

東京都日中友好協会主催のイベントが開催されます。

大学生6名による発表会と 日中経済の講演会です。

  学生無料、 一般2千円

最大の関心事は・・・・

7月23日(土)午后、西新宿工学院大にて「大学生の発表会、経済講演」等開催

 7月23日 土曜日、午后、孔子学院へどうぞ!

中国南沙諸島等での これからも大きな課題が

待ち構えていますが、政治、経済は勿論のこと

日中間の課題や、大学生たちがどのように見ているのか

等のテーマも含め、 若者の考え方(私と中国等)も発表

されます=~

◆次々刻刻到来日中関係 

   来週土曜7月23日午後、工学院大 孔子学院4階にて 

首都圏大学生の発表会や、経済講演開催
・大学生・留学生は無料(一般2千円)。

~全員事前登録必要です(一般の方事前手続き必要です)


皆さまの来訪をお待ちしています(登録、申し込みは当FB可)
akisawatourism@yahoo.co.jp

(内容、発表~参照参考↓Pht )

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing Area

           *東京在住時は090~Mobile,へ

           (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇■ 中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録3種】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  「まぐまぐメルマガニュース*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)


 

2016年7月23日(土)新宿・工学院孔子学院にて開催 

      ご案内・おすすめ・参加者募集中

      学生・留学生は無料です

「夏のセミナー都内5大学・日中学生による発表と講演   

■日時 7月23日(土)午後13:30開場、 

  *必ず 事前登録が必要です。

■場所 工学院大学孔子学院

(工学院大・中層棟4階)教室にて

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html


7月23日 東京都日中友好協会イベント 首都圏大学生の発表と経済講演会 [政治経済]

    東京都日中友好協会では次のとおり、 イベントを開催します。

  大学生、留学生は無料ですので、是非、ご参加ください。

    首都圏5大学の学生が 6名、 中国関係に関して発表します。

お知らせ(学生:無料)大学生、学生、留学生等募集中です!


  7月23日(土)午後・新宿工学院大学孔子学院にて

~首都圏5大学学生の日中関係発表と、経済関係講演 実施
イメージ 1


イメージ 2

                  *場所は ↑ 西新宿;駅より5分で到着します!

  (学生:無料、一般の方:2千円)大学内教室にて開催

 ~~~~~~~プログラム~~~~~~~~~~~  ...

■■ 第1部14:00~経済講演会 中国経済の実態と展望
講師 江原 規由 氏
  (一般財団法人国際貿易投資研究所研究主幹)

■■ 第2部15:30~都内5大学・学生による
「 私と中国、私と日本」等を基本に自由に発表

   東京大学(沈倩雯) 早稲田大学(小山田里奈)
 慶応大学(一木有海) 一橋大学(呉浩剣)
東京外大(松・祐輝)東京大学(杜 玉)の各学生発表

 *発表後、双方向の質疑 、交流予定  ~17:15予定 

 ==多くの学生等の参加をお待ちしています==

◆一般の方: *「入場券」お求めにあたっての振込口座:
(入場券は当日、受付にてお渡しします)

  振込される場合は、予め住所・氏名を都日中へ
ご連絡いただきますようお願いいたします。
三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通預金 
口座番号:6631014:
認定特定非営利活動法人東京都日中友好協会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  東京都日中友好協会〒101-0054 千代田区神田錦町1-4  
℡03-3295-8241  Fax 03-3295-8255 
Mail to-nicchu@jcfa-tyo.net
~~~夏セミナー 詳細は~~~Mail,Tel問合せを~~
 (*詳細秋澤090-1555-6754)or
  akisawatourism@yahoo.co.jp 迄

中国シリーズ 発展著しい河南省・信陽市・南陽市横断にみる生活と・・ [政治経済]

中国 河南省シリーズ:信陽市・南陽市(6)生活と街の・・

一言でいえば、濃淡が激しい、激しすぎる地区、それが

河南省だ、と多くの人は感じている。 1億以上の人口を

有するこの省・地区も、地区によってこんなにも町の様子が

それぞれ異なるのか、と誰もも感じるかもしれない。

いわゆる著名な観光地を素通りし、街の様子と生活感を直接、肌で

感じ取り、そして5年後、10年後の街の様子の変革に注目して

いくことも「旅」の醍醐味だ。

この、南部地区の河南省は、私たちから見るとそのようにも見え、

一方で、地元中国の方かるすると「いやいや、まだまだ将来に向けて

開発が進む有望な町だ、村だ!」と声を大きくして訴える人も

いるかもしれない。

◇次々刻々中国Series~尚まだ河南省にて

  ~「南陽/南阳市」市内・近郊(6)
 開発が進む河南省・信陽市、(開発が進みすぎて

 販売・管理もが追いつかない地区も多々ありますが)

 この南陽市は広すぎて市全体が穏やか~ 趣だ。

こののち、バスターミナルAから更に南部のBターミナルBへ!
 (著名な観光地よりもその地の社会や文化や生活に注目!)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

=============================


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国河南省、南部の大都市南陽市、山形南陽市 [政治経済]

中国「河南省南陽市 広さも四国の1.5倍程 乗り換えも移動も大変~山形と同様の

面積も広いということは 人口も多いことが特徴の各地区各市。

まさにそのとおり1100万人を有するこの南陽市は、北京から

約1千キロ、省都鄭州からは260キロ余の場所にあります。

町には地下鉄もないので移動は路線バスか、バイクで。

他の市から、ばすにてターミナルにたどり着き、更に他の都市へ

移動する場合はまた、別のバスターミナルへ。

今回も、そんな旅でした

 河南省南陽市~街を歩く(5)紹介:


 1988山形県の同名の市と姉妹提携:面積もさること

  ながら庶民の・・・生活や町の様子も含めすべてに興味有。

 ただ、この町も(とは言え人口も1千万人以上ですが)特徴はない。

 高速バスで信陽市からこの町にたどり着く~ターミナルの近くには

 列車の駅も(↓駅)。

 北部の安陽市が遺跡の街なら、ここは唯、ただ広い~。
 人口も1100万程。右も左も人口急増の都市が多く点在@中国。

 このあと、更に西へと乗り継ぐために、とった手段が・・・(次続)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 ちょっと、 駅?とはわかり難いですね~

 現在、工事中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

  

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

===============================


中国政治経済~金融、保険 朝からホケンで・・・・ [政治経済]

これからも続きそうです~

「金融」全般に関しての課題です。

 

昨年夏以降の金融不安がもたらす、庶民の夢を直撃!

今までとは一風変わった光景を目にしました。

今週の北京の金融街にて、保険会社「平安」の建物前での

庶民~地方から上京してきた農民たちの軍団とはことなり、

いささか裕福そうな人々の「デモ」でした。

従来ですと、公安・警察等により道路を整然とデモ行進

することさえも許されなかったこのような恣意行動は、

ほとんどと言っていいほど、許されることはありません

でしたが、今回は堂々とした、オープンな感じの「デモ」

と抗議光景でした。

今回は、訴えられた会社も「保険」会社でした。

従来ですと、「不動産関係の投資会社」等が、地元庶民の

立ち退きや、建物・家等に関する陳情が大半でしたが、

今回ばかりは金融商品に関連した、消費者と金融・保険会社

との「トラブル」でした。

デモ隊に参加している人も、比較的裕福とみられる方々の

ようにも見え、大きなトラブルもなく整然とデモ行進等を

していましたが、

今後とも、このような事態は数多く発生してくるものと

予想されます。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム㈱(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp 090-1555-6754 Tokyo

                131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

     (会社概況・中国情報URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓ ↓ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

にて無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

 *FB: http://www.facebook.com/fumiyoshi.akisawa

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

ジャンル:
速報

3月20日(日)日中韓若者フォーラムと3か国芸能共演 ご案内(工学院大・新宿) [政治経済]

3月20日(日曜日)日中韓若者フォーラムの ご案内です~

 いま、 まさに時代は 日中韓の時代です。

そんなニーズに合せて、 工学院大学講師学院にて、日中韓の若者フォーラムが
開催されます。


3月20日(日)開催の 孔子学院・東京都日中(青年委員会)主催・共催の

「日中韓・若者フォーラム と 3か国芸能の共演」を次のとおり開催いた

します。


日曜日の西新宿にてので、若者フォーラム(パネルディスカッション)と芸能
イベントを お楽しみください。

*入場料は 「無料」です。
 今回、事前の予約は不要となっています。

--------------------------------------

◆ 3月20日(日)若者フォーラム及び3か国芸能共演 概況


  企画のポイント

   都日中青年委員会等が中心となった企画です;

   1 1部 3か国の若者(日中韓)6名による パネルディスカッション

   2 2部 3か国芸能の共演

 (内容)


 □ 第1部:3カ国若者によるパネルディスカッション
      テーマ:海外で働くとは
     パネリスト:
    ・本炭康典(株式会社メイシージェーン 代表取締役社長)
    ・井上香織(株式会社デラックスジャパン 代表取締役)

    ・于子豪(イハラサイエンス株式会社)
    ・楊悦(シャープ株式会社)

    ・宋基東(株式会社プリントモ 代表取締役)
    ・郭ヒギョン(JFEスチール株式会社)

     司会:
      伊藤洋平(認定NPO法人東京都日中友好協会理事・青年委員会委員長)

   

 ◇ 第2部:三国芸能の競演

    韓国楽器カヤグム演奏 キム オル 創作舞踊 キム ウイシン

    二胡演奏本多 ゆとり

    サックスフォン&電子ピアノ演奏 呂正博 杉本 周介

 ◇ 総合司会:西尾友里(認定NPO法人東京都日中友好協会青年委員会)

   参加費: 無料 (申し込み不要)

 ◆ 日時 :2016年3月20日(日)開場13:00 開始:13:30

 ◆ 会場:工学院大学新宿キャンパス高層棟3階 アーバンテックホール

 是非、多くの皆様の参加をお待ちしています。


 **お問い合わせ等:メールにて ( abctokyoj@gmail.comフォーラム係 )

  ~~~~~~~~~~~~ お待ちしています  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主催 工学院大学講師学院・ 東京都日中友好協会青年委員会
   その他 多くの団体の後援・協賛をいただいています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

次々刻々・国国 日中間から~やっと日中韓交流へ [政治経済]

国国来到~ やっと「日中間」から 日中韓へ 本来の姿

日中韓~久しぶりの交流でした。

観光教育交流の促進を図るための 3者が一堂に!

今回、学生や先生、そして国家観光局等の方々が久しぶりに

中国に集い、顔を合わせたことは大きな意義があります。

交流会を通じて、大変有意義な話も発表され、盛んに皆さんも

熱心にメモを取っていました。

しかし、なによりも顔なじみの方もいまして、幾分ホッとした

ことに加えて、 同じテーブルに建てた3者が意見を述べ合うと

言う光景は久しぶりでした。

それぞれの3者が意見交換などを個別に行う時間はなかったものの

同じ会場、同じ時間帯に交流が図れたこと自体が意義あるもので

あると感じました。

観光や教育面のみならず、他の分野でも、より積極的にこのような

場を設け、交流を図っていただきたいものです~。

 

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


次々刻々 中国国際都市 金融の深センを訪れて~ [政治経済]

次々刻々 ~ 中国・■今、再び~注目の「深圳」 急速に膨らむ金融都市へ~

今日の話題最新ニュース

今、またまた注目の大都市となってしまいましたが、 且つて

訪れたこの街は 漁村でした。 なぜ、このように巨大化して

しまったのだろうか~ と、誰もが思う南国都市。

  この町にいる限り、 1年中、 ノービザでも過ごせそうだ。

  地下鉄の乗って、すぐ隣の国境の町、上水へ15日ごとに

  往来すれば~ということですが・・・。いずれにしても自由だ。

自由すぎるからこそ、 もしかして企業の発展に任せすぎて?、地方

政府もついつい管理も甘くなったのだろうか。

  そんなことを思い出しながら この土地を再び詠み始めました。

  寒い冬、 できればもう一度、訪れてみたいところです。

(↓ 以下、my fb より)

■続・中国を歩く~今、注目の「深圳」 急速に膨らむ金融都市へ~

 新旧の 証券取引所へも足を運び~


 かつての小さな漁村が急激に巨大なコンクリートとおカネの拠点に~。


上海がダメ下落なら深圳へと~巨大すぎる証券取引所へも行ってみた。
以外にも、丁寧な所内の説明をしてくれた~やはり国際都市なのか・・。

窓口の、受け助の係員も一目で外地人と判断したのか、 わざわざ上司を>

呼んで巨大な建物の譲許を説明。 勿論、 一個人が、この建物内を見学

することはできないし、 今、 この建物(2番目)も今年、市内から、

やや土地の余っている?広大な広々とした地区へ移転したばかりだ。

  それにしても、 この巨大ビルへ(2)へは一般の方は出入りも

  できず、ただ、企業、関係者のみのビルになっていますが、なぜ、

  これほど巨大な建物なのか~?

  道路からは、階段を何段も上り、そして待ち構える広々とした

  空間の先に 受付がありました。

  (明らかにムダとしか思いませんが、これが中国内の常識なのでしょう)


(Pht1従来の取引所、2現在の巨大な建物へ移転4南国らしい樹々)

   かつては、市内の このビル内に取引所はありました。
  訪れてみたら、とっくに、移転してしまった・・今年。。
    そして 2番目の巨大なビルへ・・。
    それにしても 地下鉄内も含め 暑い 熱い 国際都市。
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

  (巨大なコンクリートジャングルですが、

 この、緑に覆われた樹々だけが私たちの心の支えか~)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ</strong><strong>村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

ジャンル
速報

中国、ベトナム 次の一手~経済、政治、投資、交流、金融そして [政治経済]

今日の話題最新ニュース

毎週、目まぐるしく変わる訪問国、受け入れ態勢・・・・。

中国の首脳のスケジュールは忙しい。

習首席とベトナム書記のトップ会談が始まった。

これまた、巨大な投資とお金で越南経済を

まさに買い取るような商談も再び待ち受けている

のであろうか。

それにしても、今や世界のNo1の巨大な投資国の

ひとつとなった中国の主席が動くと、受け入れも

最大級のもてなしとなることは、先の英国の場合と

同じだ。

これから、ベトナム、シンガポールで学ぶべきことは

自由主義貿易の在り方と質の改善であろうか。

経済も、政治も今後はそうなってほしいものだ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

 


中国旅行 ブログランキングへ

ジャンル:
経済

観光庁 「訪日外国人インバウンド目標引き下げ・・・」その後・・・ [政治経済]

ただ、環境の変化には常に即対応できるよう

備えるべきです。

来年、再び...


円高で半減とか、或は TPP諸国からどっと訪日客が

2倍増 なんてことも・・

十分に考えられます。

人間、誰でもが、正確に将来予測や 数値を推計する

ことは困難です。

しかし、仮説と結果数値、そして目標と結果については

あらゆる角度から事前に予測を想定し、結果がプラスになった

場合と、その逆のケースのことをも考え、予め対策を十分に

考慮すべきです。

 いずれにしても先が読めない訪日インバウンドです。


(↓2012年Sep日経、 今後日韓改善で一挙倍増なんてことも)

秋澤 文芳さんの写真

秋澤 文芳さんの写真

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真


中国と 海の日 想いだす45年前~ソ連船で中国へ~  [政治経済]

海に関して言えば 海、海路は 自然にませておくのが一番です。

故意に 開発したり曲げたり、埋め立てたりすると その余波は、影響は必ず

後世になって大きな影響をもたらす結果となります。

   海は 甘く見てはならない。  水もだ・・・。  たかが水、 だが、1トン、100トン

   ともなるとその脅威は 鉄のコンクリート片にも相当する。

   海面が徐々に高くなる~ そして多大な損害を与える・・・。

そんな構図が分かってはいるものの 目の前の利益追求のため、どこの国も

急いで開発をしていく。

中国としても 海のシルクロード開発??として このたび 一路計画を発表し

世界を驚かせた。

海を絡めた 開発や販路拡大を甘く見てはならない~。

中国MMコラムシリーズ いったい一路~ 

     まさに いったい どうなるのか「一帯一路」 政策?


写真↓は 今から45年前 一路、航路にてソ連客船にて

    香港経由広東省へ。


 時は夏7月の今頃、希望に満ち 晴海より航路で中国

 へ向かいました。


海の日にあたり想い出される船旅。そして今、中国は

海のシルクロード開発開拓に躍起です。アジア諸国を

海を通じて巨大投資。しかし今後?どうなる...


のか・・心配です~株安、海洋問題、AIIB・・・等。


Photo:↓45年前この船バイカル号でHKG経由列車で

広東省 中国へ。 当時の 国境の駅等が 懐かしい。

            今は、全く面影なし。

    当時の ソ連船 バイカル号にて香港へ   あっというまの45年

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

http://blog.goo.ne.jp/admin/

         3,4枚目は 現在の 広州市内と 珠海

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################


次次刻刻 前に立ったり 後ろに位置したり 国によって大きく異なる日本のトップ(写真Pht) [政治経済]

次次刻刻シリーズ 中国・日本 かつては後列 今前列中央!

 話題最新ニュース

 やはりジャカルタですね。

 やっと笑顔と明るさが・・・国際舞台での集合写真に見る。

しかし、今後は、頻繁に開催される中国内での国際会議では

日本の位置づけは まだまだまだ・・・・。

   双方、心からの握手ができなければ停滞は続く二国関係。

   日本として、早く実利をとったほうが 良いにきまっているが・・・。

◇次次刻刻~ かつては後方で・・・、今は前に、主役のひとりとして・・


  昨年11月APECでは報道もされなかった北京での日本トップ。

今や主役の一人ととして・・@ジャカルタにて:


 今後、頻繁に開催される北京を舞台にした会議では何処に位置する?


  歪みあっていては何ら得することもない・・日中中日。..

秋澤 文芳さんの写真

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


AIIB中国構想に 日本、インドが圏外 [政治経済]

 どちらを選択?! 

再び AIIB中国構想に 日本、インドが圏外に?

本日のトップニュースとしても報道された 中国AIIB!

日本とインドが 「枠外」に!

   今、必要なことは 政治よりも 実質的な経済的な、そして世界全体を

   考えるような 大きな視点に立って今回の設立趣旨を再検討して、共に

   取り組むべきかと思います。

それにしても 中国側から、敢えて 日本やインドが圏外だ!という見方が

あるということは 中国内でも「政治問題に」なりつつあることも想定している

のだろうか。

   日本も、アメリカも メンツよりも 実質的な経済のことをグローバルに

   考えることが必要です。

   少なくとも、日本国内の最大手の企業トップたちもほぼ全員が同じことを

   考えています。

■ 今日も トップニュースで(NHK等)~ 中国AIIB


  現地でも大騒ぎ 果たしてどこまで拡大?するのか。


中国でも「大きく」報道中!将有OO国加盟,但日本、印度不在其中!
どうしても 日本・インドは県外、いや圏外らしい。


  が、様々な課題、小異を捨ててともに歩んだらどうだろうか!...


(↓ 12:NHK,media, 3:現地Media, 45:現地撮影photo)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

################


しょこたん~ボルネオが 話題です! 尖閣、竹島・・小さいちいさい [政治経済]

今、話題の しょこたん、ボルネオ、3カ国共有~尖閣、竹島小さい小さい・・

今日の話題最新ニュース

今、何かと話題となっている ボルネオ島だが、 大自然の観光にも、

そして自然、資源、気候や 更には政治的にも重要な位置を占めているのが

このボルネオ島だ。

  今から41年前、 たまたまお客様と一緒に行く機会があったが 今でも鮮明に

  覚えている島の 実情~

    コタキナバル、クチン、ミリの3都市を訪問してきたが、全てがマレーシア領土だ。

    しかし、よくよく考えるに インドネシアも、ブルネイもこの島を所有しているわけだ。

中国 次次国国jijikokukoku~ より広く よむ・みる・かんがえる・~・・・


  尖閣、竹島・・・小さいちいさい・・・。


 今、今週、話題となっているブルネオ等。この島は3国が共有している!


この島の自然にも大きな魅力があるがMls,Ind,Bun3国共有だ。


 (↓ 今から41年前、Kota,Kuc等森林視察でも訪問したができればまた・・・)...


    参 Pht:Free phtより: 今でもLCC等利用で格安に行けます。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 


日中とワイツゼッカー  未来か過去・・・? [政治経済]

逆噴射か  ワイツゼッカーka・・ 今改めて新年に考える~

 今日の話題最新

あらためて考えるときに~

 昨日の新年会に参加して。

 話題は昨日も、今日も このトピックスに。

◇次次刻刻 時とともに~ 今、あらためて「R.ヴァイツゼッカー」~


  逆噴射とワイツゼッカー~ そんな言葉が昨日も飛び交った。


  私たち民間人もいれば役人や政治家等などが集った昨日の新年会@tyo.
昨日きのう・嘗て~を振り返りながら明日を見つめる人でごった返した新年会。


   今、改めて実質的には今週からが本年の活動始動だ~日中。@昨日tyo...
( ↓関係者等が集う・・ 今後は是非青年たちも・・。tyo,sel,&pek pht)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

########################


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国先読み アベノポジションどこへ? [政治経済]

中国関連 あらためてAPEC 今後も中国主導 ;日本アベノポジションは・・

2014年11月25日   from my blog:goo ~~
やはり先が読めない アベノポジション
アジアにおいても 中国とともに比較されると 影も形もなくなる?

   今後もアジア内、中国内では 日本の出番は、ポジションは より小さく・・・

   日本が前面に出るということは今後もありえない・・。

オーストラリアBNE でのG20会議でも大きく脚光を浴びる中国。

あからかに 主役は中国だが、今後2年後に開催される 同会議は 北京開催

の予定だという。(残念ながら日本での開催は賛成少数で実現・・とはならなかった)。

あのAPECでの日中首脳会談も、誰が見てもぎごちない映像が世界を駆け巡った。

今後も、中国主導の同様の会議、イベントでは、 あと10年近くはこのような映像が

再び繰り返されるのでは~中国の現体制からみても~日中トップの本来の歩み寄りは

ないと思われます。

先般の首脳会談以降も、中国の日本に対する姿勢はかなり厳しいものがあり、

「対立」は今後も続きそうである。

民間ベースでの交流が深まれど、やはり政治レベルでの対立・困難さはなんとも

施しようがない。

現在増え続けている訪日観光も、円安が止まれば一気に勢いも止まる。免税品店や

デパート、商店等も今の勢いのまま「販売」に力を入れるよりも その先のことを想定し

今は「今後のもてなし」をどうするかに切り替えて体制を組み直しておいたほうがよさ

そうだ。

   まだまだ、先が読めない・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村


中国旅行 ブログランキングへ


大都会 街歩き 小さな散歩道を感じる [政治経済]

大都会におけるビジネス街、金融街、官庁街、ショッピングセンター街を
訪れて感じることは 「超便利」だということです。 
 が、その「便利さ」は、その後も、何年も継続して続く、ということは、今の
時代、引き続き持続するということは難しいケースが多いです。
 大きく繁栄した地域、便利になって多くの人々が訪れる地区、週末には
家族連れで賑わうショッピングセンターなども、その周りの環境により
その後の街や地区の状況も 一瞬にして大きく変わります。
 その背後には「お金」や利権なども絡んできて、その後は激しい競争と
熾烈な戦いが始まり、お客の争奪戦が続きます。
そして、その後は栄枯盛衰。繁栄と衰退の歴史を辿ります。地区によっては
スクラップアンドビルドにより町や地区の様子が一変します。
↓  ↓
しかし、そんな熾烈で激動の歴史を辿る企業間・団体間の闘いを繰り広げる
反面、 大通りからは一歩下がって、小さいながらも長い長~い歴史を守り
続けている小さな街並み、小道に面した商店やお店、そして通りは百年近く
その歴史を守り抜いている地区が沢山もあります。
そんな小路・小道・小さな通りや街を私たちは探しながら、そして確認しながら
外国からの訪問者へも紹介を続けたいと思います。
少なくともあと6年後の2020年に備えて、小さな町巡りを続けます。
このことは、日本国内ばかりでなく海外においても同様です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇続・Tokyo・お江戸の小さな街あるき・さんぽ道~

  週末を中心に今,流行ハヤリの街歩きを続けています・探して
  います~ハコモノでなくて心の底から感動できる小路を・・。

 今日午後到着する、中国からの訪日グループにも紹介します・・。


(↓日本橋~茅場町~小伝馬町~京橋~銀座~・・)
写真
写真
写真
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

いよいよ国際社会でも八方ふさがり!?安倍首相そして・・・ [政治経済]

ますます批判強まる・・・結果・・・
全くの見込み違いで困った! これは本人への問題でなく、私たち一般

庶民への影響が様々な分野で生じてくるからです。



例を挙げるときりがないので敢えては列挙しませんが、庶民へのしわ寄せ

ばかりでなく、経済界・政界・スポーツ界は勿論、壮老年そして青年交流や

文化スポーツ交流のほか様々な国際交流・国際的な分野にも「余波」は広

がりつつあります。



そして全世界からの批判と四面楚歌等ですっかり掲載に狂いが出てきた

総理周辺ですが、官邸や秘書官等で何らかの鈴をつける?、いや今後

うまく舵をとれる人はいないのでしょうか。



こんかいの「事件」を契機に、私たちもややもすると今までの中韓の極端な

報道・批判と取り上げ方にはいささか?と疑問の眼で見てきましたが、欧米

からも日本のというより首相周辺への行動に批判が出てきたということは、

従来の中韓の「歴史認識」観が正しいということになります。

----------------------------------------------------------------------

参考・Asahi:安倍晋三首相の突然の靖国神社参拝から一夜明け、批判や懸念の

声が世界に広がった。「失望」を表明した米国、「遺憾の念」を示したロシア、「慎重な

外交」を求めた欧州連合(EU)――。日本への逆風は中国、韓国にとどまらず、

国際社会で孤立感が深まっている。 「日本包囲網」が瞬く間に形成された背景には

、首相が靖国参拝をごく限られた側近だけと決めたことがある。「参拝を歓迎する人

たちの旭日(きょくじつ)旗に囲まれるわけにはいかない」(政権幹部)と事前の情報

漏れを防ぐことを優先させたため、外交当局を交えて関係国の反応を十分吟味

しなかった。首相秘書官の一人は26日の参拝直前、「官邸で首相がモーニングを

着ていたので驚いた」と明かした。■日米防衛相の電話協議中止: 安倍政権が外交

の柱に掲げた日米同盟の強化は参拝を境に暗雲が立ちこめた。27日、沖縄県の

米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古埋め立ての知事承認に絡み、

小野寺五典防衛相と米国のヘーゲル国防長官が電話協議をする方向で調整が

進んでいたが、都合が合わないとして急きょ中止

------------------------------------------------------------------

今回の件を契機に、中韓への見かたを改めて見直す~というより、より直視し

今後の推移をみながら私たちの様々な、それぞれの分野での見かた行動を

起こさなければと思っています~。

いずれにしても国際社会においても、当問題に関しては日本の、首相の一人

負けという感じです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



正直困った! 右翼から つぃいに鬼に 安部総理表現 [政治経済]


走走向右 ついに鬼!と表現される 安倍総理 困った・・・


走走向右 安倍!~鬼!    from my china blog:



ついに 鬼として表現された安部総理


アメリカからも強烈な批判、失望が


ヨーロッパ内でも批判的報道~中韓を怒らせる!


 昨日からトップニュースで報じる中国内ニュース番組ですが

 今朝も25分ほどをトップニュースでとりあげました。


 また、これで13億の民が 反日かと思うと胸が詰まる・・・・。

総理周辺の取り巻きも、、官邸も思いとどまらせる人はいないのかと

いつもながら不思議に思う隣国からの感想です。


参:「失望」表明した米国、中韓との緊張懸念 支持の見解も

[日米関係] 産経新聞  参拝を終え靖国神社を後にする安倍晋三首相(中央)

参拝を終え靖国神社を後にする安倍晋三首相(中央)=26日午前、靖国神社


 【ワシントン=青木伸行】米政府は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は、中韓両国とのさらなる関係悪化をもたらすもので「失望している」と表明した。その一方で米国内には、参拝を正当なものであるとして支持する見解があるのも事実だ。


 在日米国大使館の声明では「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に留意する」とも指摘した。ただ、米政府としては、バイデン副大統領が今月、中国の防空識別圏設定で高まった緊張を緩和するため、日中韓を歴訪したばかりのことでもあるだけに懸念を強めている。

 米政府にはこれまで、首相の靖国神社参拝を思いとどまらせようとしてきたフシがある。10月にケリー国務、ヘーゲル国防両長官が訪日した際、宗教色がなく、A級戦犯が合祀されていない千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ献花したのも、靖国参拝を牽制(けんせい)する意味合いがあったとの見方もある。

 米主要メディアも異口同音に「中国、韓国との論争に火を付ける」(CNNテレビ)などと否定的に伝えたが、これらとは異なる見解を米国で表明してきたのがジョージタウン大学のケビン・ドーク教授だ。

猪瀬都知事「徳洲会」マネーで「い・の・ち・と・り」?が本当に・・・! [政治経済]



今日、やっと発表する猪瀬知事の辞任会見。

以前、週刊朝日などが報じた次のような見出しの記事が、いよいよ実現!
かなりの反発が以前からあった猪瀬知事周辺ですが、特に職員や自民党
周辺ではこれでやっとほっとしているのでは。

それにしても次のような記事が本当に命取りになるのだから、政治の世界も
オモシロイ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
参:週刊Asahi:猪瀬都知事「徳洲会」マネーで「い・の・ち・と・り」?
会見で徳洲会マネーについて釈明する猪瀬知事(11月22日) (c)朝日新聞社 
 医療法人「徳洲会」グループをめぐる公職選挙法違反容疑事件が、思わぬ方向に展開を
始めた。東京都の猪瀬直樹知事(67)が、昨年12月の知事選直前に同グループの徳田虎雄
前理事長(75)に面会後、次男の毅衆院議員(42)から現金5千万円を受け取っていたこと
が明らかになったのだ。猪瀬知事は「選挙資金ではない」と主張するが、東京地検特捜部は
多額の現金の動きに注目している。

 関係者の話を総合すると、猪瀬知事が現金を受け取った経緯は、こうだ。

 石原慎太郎都知事(当時)が後継者に猪瀬副知事(同)を指名してから約10日後の昨年11月6日。猪瀬知事は、20年来の知人で新右翼団体「一水会」の木村三浩代表(57)に連れられて、徳田氏の入院する神奈川県の湘南鎌倉総合病院を訪ねた。 木村氏はこう説明する。
「石原氏を支援していた徳田さんに早めに挨拶をしておくべきだという大勢の意見があり、私が紹介することになった」
 猪瀬知事と徳田氏は初対面。猪瀬知事が副知事時代のことなどを話した後、「都知事選に出ます」と言うと、徳田氏は難病のため話すことができないが、文字盤上の字を目で追い「応援しますよ」と答えたという。「お金の話は一切なかった」(木村氏)。動かない徳田氏の手を猪瀬知事が握り、約40分間の面接は終了した。 それから数日後、猪瀬知事は自ら衆院議員会館に出向き、毅衆院議員から現金5千万円を無担保・無利子で直接受け取った。出納責任者である秘書には知らせず、現金は妻名義の貸金庫に保管したという。その後、初当選を果たした猪瀬知事が都選挙管理委員会に提出した選挙運動費用収支報告書に、そのカネは一切、記載されていない。
 猪瀬知事が現金を返却したのは、地検特捜部が徳洲会に強制捜査に入った9月17日以降だ。秘書が徳田氏の妻に紙袋に入れた5千万円を返却。妻への任意の事情聴取で猪瀬知事への現金の流れが判明したという。
 公選法は、選挙運動に関するすべての寄付や収入を収支報告書に記載しなければならないと定めている。
 猪瀬知事は選挙と無関係だと言うが、捜査関係者は「カネに色はついていない。選挙に使っていれば罰則対象だ」と立件の可能性を示唆する。立件されなくても、5千万円ものカネを無担保・無利子で借りられたのは選挙に出るからのはずで、道義的責任は消えない。産経新聞などは、猪瀬知事が1億円を要求していたとも報道した。事実ならこれまでの説明と大きく食い違う。

 会見では、最後まで自身の進退に触れることはなかった猪瀬知事。五輪に向けた準備が進む都庁では「都政の消沈は避けられない。かといって、辞職して、また知事選をやっている場合でもない」(都庁クラブ記者)との嘆きが漏れる。※週刊朝日 2013年12月6日号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今日のニュース今日の最新話題その後・・ 「日本発 奇跡の村」とは [政治経済]

「奇跡の村」、 それも国内の・・・・・。
いったい、どんなところか??
どこにそんなところがあるのだろうか、
 等などと すべてが気になる言葉です、話題です。

この奇跡の村が、 長野県にあるというから、調べてみました。

いや、 その前に、 この話題が、今日のニュース各紙に掲載されていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   要約すると ・ 長野県にある
           ・ 収入が 年2500万円~高原野菜です。
           ・ 嫁さんを募集している   ということです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今、話題となっているこの村の更なる特徴としては

   村役場の所在地、位置が標高1000メートル以上ということで(1185m) 
   全国一、標高が高いということです~*要 再度確認ですね。

   そして、 冬は寒冷地ということもあり、 夏に集中し、稼ぎ、冬は休むと
   言うパターンのようです。

   更に、一戸当たりの平均年収が、上記のとおりであり、 また、村には
   24時間オープンの図書館まであるということです。

   さらに、この地の人手不足ということもあり、 最近は中国人研修も受入
   れているといこともあり、

   何かと話題づくりにも熱心?な村です。

場所も調べてみましたが、

  長野県でも 隣の埼玉県に隣接し、 すぐ隣は秩父市です。
    車でも行けそうですね。
  つまり、 位置的には 秩父市と、長野県の 茅野市との中間に位置して
  いるところです。

  佐久といえば、 佐久の鯉、  そして
             コスモス畑、コスモス街道等でも 有名です。


この夏、 この秋、「観光客」がまた増えそうですが、
  観光客は 不要とのことです~それだけ、 豊かな村なのでしょうね。

  私もそう思います、 観光客~一過性~ゴミ~混雑~雑然~・・・・・
  という、 悪? 負の連鎖ばかりが想像され、決して村の為にはよくない、
  ということです。


日本での、 奇跡の村~  いつまでも残したいですね~~~~~~~~ 


二人の人気者 自民党 明日の選挙が気になるところ そしてその後は・・ [政治経済]

◆~~~いよいよ明日に迫りました!真夏の選挙、参議院選!!  ~~~

全国から引っ張りだこの人といえば、 自民党の安倍総理と、青年局長の
小泉信次郎!ですね。

   しかし、今回の選挙は、何ともだらしないのが野党側の複数政党です。
   民主の超体たらく、 一人にすべてを託す維新、 そしてこれまた党首の
   パフォーマンスが大きい みんなの党、勢力をなかなか伸ばせない共産、
   そして・・・・その他は言うに及ばすというところです。

▼今回、安倍首相の~安倍経済学(中国ではこのように表現しています、勿論
オバマ大統領の政策も同様に オバマ経済学ですが・・・・)&アベノミクスを
派手にぶち上げた政策が、国民のニーズにぴったり合って、自民というよりは
安倍総理の人気に頼るところが大きいです。

▲そして、もう一人、若者は勿論、夫人層に人気の信次郎氏ですが、めったに
      失言をしない、      幅広い層をターゲットにしていること、
      ズバリモノを言うこと  面倒見が良い

      等などで、益々株があがっています。(しかし、 7月以降、本当の
      カブはどうなりますかね? 間違いなく 下がるでしょう!)

▼残念ながら人気が今一つなのが、石破幹事長ですが、それでもひとつ一つの
言葉は大変慎重に、かつ迫力ある含みを持たせていることもあり、党内政治家
には大変な人気とか・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上の二人に共通して言えるのは、 やはりマスコミ受けが良いことです。
泥臭くなくて(どちらかといえば 安倍さんの軽さが目につきますが・・・)

   ◇ 軽い安倍さん  
   ◇ 爽やか小泉さん・・・
   という感じですが、

私たちが、最も恐れているのが、 憲法の改正と 益々保守化する自民党というより
は、安倍さんの信条が いずれは国民にそっぽを向けられることではとも予想もして
います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ、明日夜には、自民圧勝なだけに・・・開票早々から当選確実報道が
けたたましく報道、発表されるでしょう!!

憲法、原発、消費税  ・・・・この KGSは今回、本当に聞こえてこなかったですね。

          以上 JJ ? GG とび丸 の眼 からでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

訪日旅行に大きな期待 中国から500万人も~オリンピック招聘年 [政治経済]


今、日本へ外国人の訪日旅行は大きく出遅れています。

なぜ、他の主要国等と比べても大きく後退しているのでしょうか。


ひとつには、 多くの政治家も企業人も「井の中の蛙』的な発想で考えているから
です。ちょっと言い過ぎ?と思う人もいるかも知れませんが、現実は、日本の社会
の閉鎖性と、政治の内向きな方向の中でモノゴトを決めているからだと思います。

    一昨日より、オリンピック招致に向けたプレゼンのニュースが駆け巡っていま
    したが、 猪瀬知事ならではの発想で、
         滝川クリステルや、 フェンシングの太田選手等のプレゼンも加え
         無難に?~マイナス点無しということで、無事終了したようです。

    このプレゼンというものは、 内容は勿論ですが、いかに対象となるべき人々
    に感銘を与えるかがポイントであることはいうまでもありません。

    しかし同時に、 他のIOC委員たちも、日本そして東京の状況はある程度分
    かっていると思われますので(すでに何度も日本を訪れている委員もいます)
    、あとは、 日本そして東京都民のムードづくりが一番のポイントになることも
    考えられます。

 様々な機会に、私自身も、
今こそ明るい話題がほしい! 東京オリンピック!!

久しぶりに、東京にも明るい話題が湧いてくるのでしょうか!?

東京オリンピック誘致に向けたプレゼンが昨日行われ、「東京の安全度」を

前面に、説明会というプレゼンが一応終了しました。が、その結果というものは

だれにもわかりません。

しかし、ここ20年以上、経済の停滞と、私たち国民生活、特にサラリーマン世帯

の家計は大幅に以前と比較しても落ち込み、日本全体が沈み込んだような雰囲気

につつまれていましたが、何とか今年の9月には「明るいニュース」として「東京決定


だ!!」という知らせを聞きたいものです。

今回の招致活動にあたっては、最も心配された東京都民のオリンピックに対する関心
度合でしたが、何とか後半は、ここにきて70%台までこぎつけた、ということですから

、私たちの心の中にも、「もしかして・・??}という期待も膨らみます。

勿論、猪瀬知事の「失言」騒ぎもありましたが、何よりも、今、私たちが望んでいるのは
明るい日本、笑顔の見られる日本、そして東北の人々にもできれば励ましの、笑顔の
ある明るい話題を提供してほしいということです。


現在、私たちも湾岸部近くに住んでいて、この地域を是非とも世界の人々に見てほしい
、そして最も自由な日本の社会と便利で何でもそろったニッポンというものを海外の

人びとに楽しんでもらいたいという思いを持っています。

  長い間低迷し、ふさぎ込んだ日本の社会に、久しぶりの興奮と明るさをもたらして
  ほしいものです。
・・・・というようなことを中心に、私も外部に訴えています。


まだ7年先のことですが、
訪日旅行の面でみると、 あまり海外からの観光客は要らない、という政治家もいるようで
すが、

  中国ひとつをとってみても、 約4億人が海外へ出かける時代になっていると思われます。
  ということは、 今現在、 中国から100万人が訪れていますが、

       なんと、2020年ころには 500万人が日本訪問という時代になっているかと思い
       ます。

いよいよ、日本も国際化の時代です。
まさしく日本に相応しい、開かれた国、歴史と文化とスポーツの国、日本が再び輝く日々を、
光り輝く時代が早く訪れてほしいと願っています。


  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

7月・NHKあまちゃんと「 旅の力」で東北元気! [政治経済]

いよいよ今日から7月に入りました。

それにしても、毎日が蒸し暑く感じる今日、このごろですが、「あつい」のは、天気ばかり
ではありません。

NHK朝ドラの「あまちゃん」人気で日本中が「あつく」感じています。 私自身も、現在は
海外にいますが、どうしても毎週、毎日の「あまちゃん」のストーリーがやはりきになります。

ということで、勿論、ビデオも撮ってあります。 なぜ?そこまでして気になるのかと言えば、
やはり今の日本を少しでも明るくし、さわやかな話題を日本全体、隅々まで提供してくれる
ことです。

ここ数年、いや、もっと長い間、低迷している日本経済や、なにかと暗いイメージのあった
ここ、日本の社会でしたが、(勿論、経済の低迷や 東北地区の地震、原発問題、そして
政治そのものの混乱?などがあったこともあります)、 そんなモヤモヤを 一気に吹き飛
ばしてくれるのが、この「あまちゃん」の爽やかな演出だからです。

   つまり、日本全体を明るくする「あまちゃん」、 話題性を常に提供する朝ドラ、人物、
   ストーリー、登場人物、 東北という土地柄、 話題の方言「じぇじぇ~}、三陸、
   そしてあこがれの青い海~等などがいっぱいつまっているからです。

   かつてのNHK朝ドラで、東北を舞台とした「おしん」も大変良かったと思います。が、
   当時の時代を反映していたからでしょうか、 

     どうしても暗さ、忍耐、貧困等のイメージというもの がついていて、未来に向けた
     「明るさ、話題性、希望」というものからはかけ離れていました。

     (勿論、 このことが、当時の、貧しかった地域、特に東北?地区をはじめとして、
     ともに、厳しい土地柄の地域の人々からは絶大な人気を集めました)。

そんな中で、今回、搭乗した「あまちゃん」ストーリーと、東北を舞台としたドラマには、私
自身も大いに期待しています。

というのも、一部、シゴトの関係もあり、 先ずは、「東北」についに明るい話題が戻って
きたことです。

この、「あまちゃん」のおかげで、「あまちゃんロケ地」や、「あまちゃんと久慈」 、そして
「あまちゃん能年玲奈」 、「いわて三陸観光」 などの名前が一気に広まった関係で、
 東北への「旅」が一段と期待できるからです。~東北、三陸、久慈市・・・・。

今日から、7月!。 そして、これからの夏休み~といえば、「旅」です。

今、海外旅行も大変な人気ですが、国内の小さな旅、特に日帰り旅行から、1泊、2泊
で楽しめる旅もすごい人気です。

     国内といえば、なんといっても手短な、身近でかつビッグな人気のTDLディズニー
     ランドや、 今回、世界遺産に指定された「富士山」方面も大変な人気になりそう
     です。

しかし、私たちは、なによりも、今、各地で大変な思いをして暮らしている東北地区での
(震災被害を受けた地区を中心に)、それぞれの市町村に、少しでも早く、笑顔が戻る
ことを願っています。

そのためには、首都圏をはじめ、近郊の地区から、少しでも多くのお客様が、東北一帯
をおとずれ、町に、村に明るさが戻ってくれることを願っています。

私も、震災のあった年の直後に、東北を訪れました。 明るさ、笑顔は全くありません
でした。 重苦しい、必死のあと始末に追われ、とても観光、旅行どころの雰囲気には
なれませんでした。

しかし、あれから2年、 今回こそ、このNHK朝ドラ、 「あまちゃん」人気を契機に、
東北各地に本当の笑顔が戻ってくれることを願っています。

旅の力には、本来5つのチカラがあると言われています。 経済や教育や交流のチカラ
等などですが、 今回は 旅のチカラのひとつに、 「笑顔」のチカラをもうひとつ、付け
加えてほしいものです。

旅の力~東北に 本当の旅の力~「笑顔」の力で盛り上げてほしいものです。





政治経済 ブログトップ