<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月 | 2017年04月 |- ブログトップ

東京都日中・孔子学院等の主催・共催の 講演会4/22、共同講座4/25ご案内 [政治経済]

都日中の主催・共催4/22(土)、4/25(火:19時)の講演・共同講座に参加しませんか~

4月です~ 思い切って講座・セミナー等に参加しよう。

  中国問題を読み解く講座は原則、平日の19時からです(新宿)。

   (4.5,7月は19:00~、 6/3は土曜開催です)

4月22日(土)久間初代防衛大臣講演とパネルD

       16:00~@池袋

4月25日(火)中国問題を読み解く共同講座~他、5・6・7月

       19:00~@西新宿

皆さま、 桜の~季節は 新しい知識を得るための始まり~

でもあります。

                     4月・・・・となりました。
   4月及び4月以降の講演会・講座等が次のとおり開催されます。
  
 
A 4/22(土)久間初代防衛大臣講演・パネルディスカッション
       (青年委員会企画 )
B 4/25(火)他7月まで毎月 の 中国問題を読み解く 共同講座ご案内
        (都日中及び孔子学院 共同講座)
~講演会・ 共同講座 皆様のご参加 お待ちしています~

(お申込みは簡単です 当メールで 可能です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都日中 御中  講演会・講座等 申込書
 A:4/22講演会 B:4/25~7月中国問題を読み解く講座 
A 4/22(土)久間初代防衛大臣講演・パネルディスカッション
B 4/25(火)他7月までの中国問題を読み解く共同講座 
(詳細は下記 開催明細等を参照ください)
      
==========A=================
A 講演:久間初代防衛大臣が語る~
   およびパネルディスカッション開催 
 ■ 2017年422(土)15:30~(開場)
 
 
  プログラム
 15:30 開場 16:00 開演 
 1605 講演「久間初代防衛大臣が語る!~」
 16:55 休憩
 17:00 パネルディスカッション
 モデレーター東京都日中友好協会青年委員会委員 永野 剛 
 パネラー  同青年委員会委員長 伊藤 洋平
 パネラー  上場物流企業勤務・上海駐在経験者 小櫃 基
 パネラー  初代防衛大臣
        安全保障議員協議会 会長 久間 章生氏
 
 ◆参加費:1,000円  


  ※申し込み締切:4月15日(土)

  ◆問い合わせ等(東京都日中友好協会)
   メール:  to-nicchu@jcfa-tyo.net
  
  
===========B===============
B 2017年4月・5月~7月開催中国問題を読み解く~

 共同講座(東京都日中友好協会・孔子学院)
     共同講座 4月~7月分 ご案内
 主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院
4月「2017年全人代~『中国の夢』の行方」
 (講師:森 保浩 氏 共同通信 論説員)
 ■日 時 4月25(火)19:00~20:30
  参加費 2000円(大学生・学生500円)

5月 2017年全人代~ジャーナリストとしての中国経済観察
 (講 師:莫 邦富  作家・ジャーナリスト)
 ■日 時 5月9日(火)19:00~20:30

6月 「2017年 全人代~米中関係の展望」

 (講師 矢吹 晋 氏)東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、アジア経済研究所
            現在横浜市立大学名誉教授
  ■日 時 6月3日(土)13:00~14:30
7月 2017年 全人代~一帯一路を展望する」  


 (講師 江原規由 氏)国際貿易投資研究所 チーフエコノミスト
  ■日 時 7月11日(火)19:00~20:30
  
 ~~~~~~~~4月~7月 共通 ~~~~~~~~~~~~~

 ■参加費  おひとり 2000円 ( 学生500円)

 ◆ 場所(4月~7月)工学院大学(中層棟4F)孔子学院
   *新宿駅西口:都庁方面へ向かって徒歩5分~7分程度)
     西新宿出口より地下通路利用が便利です。
     (工学院大学:中層棟エレベーターにて4階へ)
             
申込方法 メール(またはFAX、電話にて)お申込みください。
     ・名前(フリガナ)(人数)、
     ・連絡先(電話番号、携帯等)付記
     ・メールアドレス付記(必須)
     *4月~7月 開催分 受付してます:開催日も必ず
       ご記入の上、お申し込み下さい。
     
  ~~~極力、メールにてお申し込みお願いいたします~~~~
     
 
 (◆メール等申込)⇒ to-nicchu@jcfa-tyo.net 東京都日中
   (急ぎ:  ⇒ 広報:akisawatourism@yahoo.co.jp迄)
  
   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国の地域を読みとく(得)まるで日帰り遠足気分~海外出国・珠海より~ [中国問題を読み解く]

■次々出国~まるで目の前の遊園地へ

  どっと、吸い込まれるように~・・・・。


手ぶらで気軽に「海外旅行」出国姿:多くの庶民が

出国順番待ち の口岸(国境の町)。ここはまさに、

今、南国、初夏の珠海市。中国で一番の出国・入国

者数が多い珠海と深セン。確かに経済も発展する

わけだ・・、と。

もちろん、自由度、開放感、海外への憧れ。。そして

接客者数、商業、経済、モチロン・・工業も社会も。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、屋外

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。


中国から出国大量の 無数の人がマカオに仕込まれる珠海のすさまじさ

次々刻々~中国珠海 連休中にみる これまた大移動か楽園か

中国を読み解く~

全くのトキを忘れて、しばし小休止どころか、だれでもが

一章を読み解くどころかmmm、このまま一生をここで、・・

と感じる人が多いのではないか。

緑に囲まれ、周囲は海・・・南国のリゾート地区だ。

誰でもが時を忘れ、時には朝から晩までを海岸で海を眺め

ながらのんびりと過ごしたいと思う。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、 若者や、ビジネスマンそして多くの家族連れなどは

先へ先へと路を急ぐすがたも凄まじい。

すぐその先は。。。 口岸~壁を超えればすぐその先は自由なマカオだ。

そのマカオに向けて、無数の人々が「海外へ出かける」様だ。

次々と国境を越えて出国すn無数とも思える人々。

  連休中ともなると数十万人がこの地から海外へ出国するわけだ。

  この数字が、積み重なり1億人にも積みあがるわけだ。

  歩いて海外へ出かける中国の人は9千万人とも言われるが

  まさに、この実態がその数字につながるわけだ。

まさに、海外へ出かけるというよりは遊園地へ、どっと1日で

数十万人が押し寄せる構図とおなじだ。

そんな、ここ珠海の1年は同じような毎日が続く。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在、中国を縦断していますが、さすがに北京から広東省迄

やってくると、広州地区の駅に着いて4,5分程で顔から汗が、

ワイシャツの下ではしっとりと~いや、べったりと胸のところや

背筋のところまで汗の出る直前のホットな感じを覚えた。

流石に20度を超えると誰でもがそのような土地の季節の変化

を感じるはずです。

今回は、当然ながら北京から上海への鈍行の夜行列車を、そし

て上海から広州(東)へは特急の夜汽車を選択しました。

お陰で、長旅とは言え、いつものせわしない東京の生活から離れ

心の洗濯もしました。

人間というもの、ついつい忙しくて旅に出る暇などないよ・・という声

を聞きますが、それはそれは・・そんなことは全くないと思います。

かの、A総理でもアジアを、ヨーロッパを休むことなく飛び回っています。

海外で、「どうしてもやらなければならない仕事があるとか、約束の人

との面談がある」ということであれば日頃の仕事を一区切りし現地に

赴かねばなりません。

おとなく

今回は、そんなコトもあって中国を縦断することになりました。

とは言っても、そんな大げさに考えることなく、国内の2,3日旅行

の気分で縦断の旅をつづけています。

季節ばかりでなく、訪れるその土地、そこの庶民の姿や社会の

変化を見比べることにより(日本とそして1,2年前~あるいは

数年前の姿と比較することにより、)この上もなく自身の勉強と

知識の蓄えにもなります。

 (旅先の宿舎にて)

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地国内、他アジア、 日本国内東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

      

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

 

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

  ↑ クリック 無料登録購読できます。


4/25開始 中国問題を読み解く~ [中国問題を読み解く]

4/25(火)及び5月~7月 東京都日中・孔子学院 共同講座シリーズ

「中国問題を読み解く」 ご案内

                              

シリーズ~共同講座「中国問題を読み解く」4月~7月毎月開催 

  4月25 (火)19時~@孔子学院:西新宿にて連続4回講座~中国問題を読み解く~

             ご案内

  

主催・共催 東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院

「2017年全人代~『中国の夢』の行方」

4月分  講師:森 保裕氏・共同通信論説委員  

日 時 4月25日(火)19:00~20:30 受付中

 及び  5月~7月連続講座 併せて受付中です。 

■場 所 工学院大学(中層棟4F)孔子学院:西新宿です

■参加費 お一人様 2000円(当日支払も可))学生500円

■申込方法 メール(またはFAX、電話にて)直接お申込みください。

     ・名前(フリガナ)、・連絡先(電話番号、携帯等)付記

     ・メールアドレス付記(必須)

 (◆メール等申込)⇒都日中広報:akisawatourism@yahoo.co.jp宛

            

 (*または東京都日中事務局へメールで申込み)

*       to-nicchu@jcfa-tyo.net

       参考:℡03-3295-8241 Fax 03-3295-8255 

                    *電話、FAXは4/1より受付開始します

 ~共同講座 ご案内~

春には中国の国会とも言われる全国人民代表大会、政治協商会議や

返還20周年となる香港行政長官選挙があり、秋には国交正常化45周年

の記念日や共産党党大会も予定されています。隣国、中国の動向を

知ることは日本にとって非常に重要であり、語学習得の近道でもあ

ります。今期は3月上旬に開催された、今年の中国の向う方向を内外

に伝える「全国人民代表大会」(全人代)を多角的な目線で解説し

ます。

◆講師 ご紹介 4/25

森 保裕 氏 (共同通信 論説委員)

  1957年3月愛媛県生まれ。1981年3月早稲田大学第1文学部

 (中国文学専攻)卒業後共同通信社に入社。

地方勤務を経て本社外信部へ。中国中山大学(広州)へ中国語研修留学の後、

北京支局記者、中国総局長(北京)、台北支局長を歴任。08年4月~14年10月、

編集委員、論説委員。14年10月~17年3月、論説副委員長。

現在、論説委員(兼編集委員)

また、獨協大学非常勤講師(中国研究、マスコミ論)、

昭和学院短期大学非常勤講師

( 国際関係論)としても教鞭をとる。中国研究所発行「中国年鑑」編集委員。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~共同講座 ご参加 お待ちしています~

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 以下は、5月以降の講座ご案内です

 5月、6月、7月の共同講座のご案内です↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

====4月以降の 共同講座ご案内(予定)===

主題:中国問題を読み解くシリーズ ご案内

開講日:5/9(火)、6/3(土)、7/11(火) (全4回)

5/9(火) 19:00~20:30

「2017年 全人代~ ジャーナリストとしての中国経済観察」

莫邦富氏 (作家 ジャーナリスト)

1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て

、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から社会文化

にいたる幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭」といった新語

を日本に定着させた。また日本企業や日本製商品の中国進出・販売・

ブランディング戦略に関して積極的にアドバイスを行っており、

日中の経済交流に精力的に取り組んでいる。

現在、「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

(ダイヤモンド・オンライン)、「莫邦富の『以心伝心』講座」

(時事通信社)、「莫邦富の日本管窺」(日経中文網)など、

コラム多数を好評連載中。最新刊は『この日本、愛すればこそ

ー新華僑40年の履歴書』(岩波現代文庫)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6/3(土)13:00~14:30 **

「2017年 全人代~米中関係の展望」

矢吹 晋氏

1938年、福島県生まれ。東京大学経済学部卒業。東洋経済新報社、

アジア経済研究所を経て、04年3月まで横浜市立大学教授。 現在、

横浜市立大学名誉教授。財・東洋文庫研究員、21世紀中国総研

ディレクター、朝河貫一顕彰協会代表理事。近年の著書「沖縄

ナワを解く」(情況出版)、「南シナ海領土紛争と日本」(花伝社)、

「対米従属の原点ペリーの白旗」(花伝社)、「尖閣衝突は沖縄返還

にはじまる」(花伝社)(中国語訳、社会科学文献出版社)、

「チャイメリカ : 米中結託と日本の進路」(花伝社)他

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7/11(火) 19:00~20:30

 「2017年 全人代~一帯一路を展望する」 

江原規由氏 ((財)国際貿易投資研究所 チーフエコノミスト)

1950年生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。日本貿易

振興会(ジェトロ)入会。香港大学研修、日中経済協会出向など

を経て、1993年大連事務所初代所長。

1998年大連旅順名誉市民を授与される。2001年北京・センター

所長、2010年上海万博日本館館長に就任。現在、(財)国際貿易

投資研究所 チーフエコノミスト

主要著作 「ドライブイン中国-東北三省のひと・自然・歴史を

たずねて10万キロ」(ジェトロ)、

「世界華商経済年鑑<1998年/1999年>」(共著、世界知識出版社)、

「大連に暮らす」(ジェトロ)、「職在中国」(ジェトロ)、

「大中華圏」(共著、岩波書店)、「中国経済36景」

(中国外文出版社)、「中国経済最前線」(共著、ジェトロ)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ~~~中国問題を 読み解く 「共同講座」~~~~~

   東京都日中友好協会・工学院大学孔子学院

   

 ~共同講座 ご案内~

春には中国の国会とも言われる全国人民代表大会、政治協商会議や

返還20周年となる香港行政長官選挙があり、秋には国交正常化45周年

の記念日や共産党党大会も予定されています。隣国、中国の動向を

知ることは日本にとって非常に重要であり、語学習得の近道でもあ

ります。今期は3月上旬に開催された、今年の中国の向う方向を内外

に伝える「全国人民代表大会」(全人代)を多角的な目線で解説し

ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多くの参加者のご来訪をお待ちしています。

お問い合わせ、お申し込みは 等は下記まで:

4回分一括でも受付中です。

 メール: akisawatourism@yahoo.co.jp (東京都日中:広報 秋澤) 

    

  *氏名(フリガナ 付記)、携帯等連絡先電話、メール

  (差し支えなければ 所属団体や所属、職業等も併せてどうぞ) 

  ◆東京都日中では (ネット)会員等募集中です 、イベント、行事

   討論会、セミナー、中国情報等のお知らせも併せて行っています。

  お待ちしています

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    

ジャンル:
速報
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く


2017年03月 |2017年04月 |- ブログトップ