<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成

北朝鮮が今、・・・国境の街はどこからが [海外ニュース]

中国次々刻々~今、注目の「北朝鮮」、その国境の街は今後は・・

今、何かと話題の北朝鮮だ。

この北朝鮮の街を垣間見るには、大連からも近い丹東の街、

いわゆる国境の都市だ。しかし・・

更に近くに北朝鮮を眺めるということであれば、吉林省の国境

の街、図門~の方がより有名だ。橋を渡って4,5分で北朝鮮入りだ。

両国に架かる橋真ん中には「国境」の警備員がいるが、その警備は

他の国境の街の警備に比べると緩やかで、一人しかいないために

それこそ業因に「強行突破」でもしそうな人も現れそうな感じも

する(勿論、その先には更に厳しい「検問と入国」が有るはずだが

、その実態は不明だ。 いつかは、この橋を歩いて渡ってみたい)。

◆次々刻々中国との関係:何かと今、話題の北朝鮮だが・・

  
 北朝鮮国境の街: 门图/ 图们江だ。

 中国から最も間近に見える国境の地だ。

 嘗て橋を渡り半歩のみ 北朝鲜に踏み込んだ。
 関係が良好であれば 贸易特区になったはずだ。

 長春から 火车で数時間、56元800円位。

 新幹線並みの高鉄なら(高鉄:3時間弱)だ。

 これからも、そして今後も最も注目される国境の地区だ。

 いつの時代かには、これだけ注目されているこの地区だから

 こそ、いつかは中国と北朝鮮の貿易特区の地になることだろう。 

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、家、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:靴、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外
国境の街の様子
と、 中国側の列車の駅の様子~~~~~~~~~~~~~

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

もまた宜しくお願いいたします。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

   クリック 無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 

 日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp


中国各地の笑顔と素顔~地球は一つだ [海外中国の出来事]

今こそ、中国・東西南北~各地の笑顔と素顔こそが礎だ

広い大地と多民族の集まった中国の現状に世界の

人びとが注目している。

  その前に、昨日まで大騒ぎしていた日米のゴルフ会談

  だが、 その話し合いがどの程度の階段まで進んだのか

  日本の、いや世のメディアが注目していた。

同じように、様々な課題を抱えた、中国の現状とこれからの

「未来」に対しても、アジアのみならず世界の国々が、今か

今かと固唾をのんで見守っている面々が多々ある。

というエコ的な考え方はもはや古い。

そのような意味では、今の米国の政権や、同時にまた中国内

のトップの考え方は場合によっては「修正:」をする必要も

有る場合が予想されるのではないだろうか。

   まさに今や、一つひとつの国が地球規模である。

◆次々点々中国 東西南北~各地の笑顔と素顔こそが一番だ!


 このところ日米」のトップのことが大きな話題となっている
が、広い大地で他民族の中国では東西南北各地の笑顔や素顔と


融和こそが何よりも礎になってほしい!(↓南船北馬の各地にて)

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、歩いてる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:犬、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、帽子、子供、屋外
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし~飛行機、ホテル,列車手配等

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し~訪日宿泊、ガイド、輸送等

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指す~東京、お江戸の旅企画

 

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

 

===========================

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。


中国の現実と歴史・風土・地域から見て・・・ [政治経済]

話題の米国よりも~中国の重みと歴史と地域を垣間見る~

◆次々刻々中国series~中国各地「特派員」から~寒そうだ:


様々な情報が日々送られているが、やはり現場の生の声や
映像は参考になる。 寒空の中国。北京である・・。


今、何かと米国の話題情報が圧倒的に多い。昨日今日の話題で
持ちきりだが歴史の重みは全くない。やはり中国だろう。...


歴史の違いや地域ごとの格差等の面を考えると考え深いものだ。
 (Pht:北京各地~様々な場面~)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、家、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:室内
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし~飛行機、ホテル,列車手配等

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し~訪日宿泊、ガイド、輸送等

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指す~東京、お江戸の旅企画

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

===========================

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行、ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

もまた宜しくお願いいたします。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。