<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成

中国シリーズ 発展著しい河南省・信陽市・南陽市横断にみる生活と・・ [政治経済]

中国 河南省シリーズ:信陽市・南陽市(6)生活と街の・・

一言でいえば、濃淡が激しい、激しすぎる地区、それが

河南省だ、と多くの人は感じている。 1億以上の人口を

有するこの省・地区も、地区によってこんなにも町の様子が

それぞれ異なるのか、と誰もも感じるかもしれない。

いわゆる著名な観光地を素通りし、街の様子と生活感を直接、肌で

感じ取り、そして5年後、10年後の街の様子の変革に注目して

いくことも「旅」の醍醐味だ。

この、南部地区の河南省は、私たちから見るとそのようにも見え、

一方で、地元中国の方かるすると「いやいや、まだまだ将来に向けて

開発が進む有望な町だ、村だ!」と声を大きくして訴える人も

いるかもしれない。

◇次々刻々中国Series~尚まだ河南省にて

  ~「南陽/南阳市」市内・近郊(6)
 開発が進む河南省・信陽市、(開発が進みすぎて

 販売・管理もが追いつかない地区も多々ありますが)

 この南陽市は広すぎて市全体が穏やか~ 趣だ。

こののち、バスターミナルAから更に南部のBターミナルBへ!
 (著名な観光地よりもその地の社会や文化や生活に注目!)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連

のセミ・セミナー等諸手配や、視察・旅行・航空・ホテル・

ガイド等手配や取材等は標記Addへ。(受け渡しが可能な

諸手配は承っています)。【東京都旅行業登録】。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

  □・発行周期  不定期(月に数回程度)

  ■・感想、お問い合わせについて

   読者の皆さまから多くの感想のメールをいただきまして

   大変、ありがとうございます。

   お返事はすべてのメールに対してお約束できませんが、

   常に一字一句読ませて頂いております。

  ◇中国方面に関し、現地でのガイドの手配等も依頼されることも

   ありますが、ガイド・通訳のみの手配などは承っていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

=============================


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国河南省、南部の大都市南陽市、山形南陽市 [政治経済]

中国「河南省南陽市 広さも四国の1.5倍程 乗り換えも移動も大変~山形と同様の

面積も広いということは 人口も多いことが特徴の各地区各市。

まさにそのとおり1100万人を有するこの南陽市は、北京から

約1千キロ、省都鄭州からは260キロ余の場所にあります。

町には地下鉄もないので移動は路線バスか、バイクで。

他の市から、ばすにてターミナルにたどり着き、更に他の都市へ

移動する場合はまた、別のバスターミナルへ。

今回も、そんな旅でした

 河南省南陽市~街を歩く(5)紹介:


 1988山形県の同名の市と姉妹提携:面積もさること

  ながら庶民の・・・生活や町の様子も含めすべてに興味有。

 ただ、この町も(とは言え人口も1千万人以上ですが)特徴はない。

 高速バスで信陽市からこの町にたどり着く~ターミナルの近くには

 列車の駅も(↓駅)。

 北部の安陽市が遺跡の街なら、ここは唯、ただ広い~。
 人口も1100万程。右も左も人口急増の都市が多く点在@中国。

 このあと、更に西へと乗り継ぐために、とった手段が・・・(次続)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

 ちょっと、 駅?とはわかり難いですね~

 現在、工事中です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■■=====中国に取組む========■■

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

  

 現在、メルマガ再開しました~

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

===============================


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。