<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成

中国次々刻々 内蒙古オルドス市 その後その時 [海外ニュース]

再び 紹介します、内蒙古オルドス市の その後その時~

中国の国家観光地区AAAA地区のオルドス市内のこの地区

、新開発地区ですがこのままでは廃墟の街になってしまいます。

包頭から長距離バスにて約2時間でオルドス市の中心地区東勝

にたどり着きますが、メディアの最大の関心事は「鬼城」です。

たしかに、不便なところではあります。 が、この新開発地区は

本当にこのままで終わってしまうのでしょうか。残された建設

途中の巨大な建物はあまりにも醜い姿を露呈しています。そして

このまま放置しておくと周辺の景観も文字通りのゴーストタウンに

なってしまいます。

人口が密集する大都会の北京も、都市機能の一部は麻痺しており、特に

交通インフラや住宅事情は「最悪」と言われています。しかしこの北京市

も来年2017年には「首都移転」が始まります。北京市政府の機関を中心

に、市の東部20キロ先にある地下鉄駅の周辺に移転し、現在、大規模な

「開発」を進めています。

しかし、このオルドス市も人口はともかく、面積そのものが

九州と四国を足しても有り余る広大な面積、土地を持っています。

その土地に「人口100万人規模のニュータウン」を開発、造成

して新しい街を出現させるといっても何よりも「交通」、「生活」

等々の面ではとても

安心して暮らせるような都市機能は見当たりません。

おそらく、このままの状態はあと5年、10年は続くものと

思われます。

現在、5万人前後が居住していると思われるこの新開発地区

に残されたこれからの生き方、方策はとてもこの地区単独で

進めるには難しそうです。

今後、市や自治区の域を越えて他地区と早急に連携しコンベン

ションや観光、または教育、文化の街として生き残るような

策を再度練るべきです。

道路や立派な建物は「揃いました」が、あとは街に活気が戻る

ことが重要です。人口が少ない今の状況では商業等で活性化させ

るのは容易ではありません。 人が少なくとも、ITを駆使し、

また、空気の綺麗なこの土地により沢山の富裕層を移住させる

ような策も当然必要です。

草原の街としてこの地が再び脚光を浴びるには、役人のみの発想

から脱却し、よりソフトな柔軟な発想でメディア等も活用し、町

を蘇えさせることです。

近くには、ジンギスハーンの「草原」の地区もあります。

このオルドス市のこの地区の未来がもっと明るくなるように、あと

2年、5年先を見据えながら眺めてもみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム㈱(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

電話:090-1555-6754 Tokyo

              中国内: 131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

       (URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓  まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html より無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


中国政治経済~金融、保険 朝からホケンで・・・・ [政治経済]

これからも続きそうです~

「金融」全般に関しての課題です。

 

昨年夏以降の金融不安がもたらす、庶民の夢を直撃!

今までとは一風変わった光景を目にしました。

今週の北京の金融街にて、保険会社「平安」の建物前での

庶民~地方から上京してきた農民たちの軍団とはことなり、

いささか裕福そうな人々の「デモ」でした。

従来ですと、公安・警察等により道路を整然とデモ行進

することさえも許されなかったこのような恣意行動は、

ほとんどと言っていいほど、許されることはありません

でしたが、今回は堂々とした、オープンな感じの「デモ」

と抗議光景でした。

今回は、訴えられた会社も「保険」会社でした。

従来ですと、「不動産関係の投資会社」等が、地元庶民の

立ち退きや、建物・家等に関する陳情が大半でしたが、

今回ばかりは金融商品に関連した、消費者と金融・保険会社

との「トラブル」でした。

デモ隊に参加している人も、比較的裕福とみられる方々の

ようにも見え、大きなトラブルもなく整然とデモ行進等を

していましたが、

今後とも、このような事態は数多く発生してくるものと

予想されます。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス」

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム㈱(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp 090-1555-6754 Tokyo

                131-6123-8546,135-2253-9715 Beijing

     (会社概況・中国情報URL)http://abcnewstop.main.jp/kbt

 ◇中国情報等のお問合せ・取材、訪日インバウンド関連のセミ・諸手配、

視察・旅行・航空・ホテル・ガイド等手配や取材等は標記Addへ。

*## 次のとおり再び 4年半ぶりに 復活しました。

↓ ↓ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

にて無料登録・購読できます。

まぐまぐニュース~

中国激変 次次刻刻~社会と文化と訪日ビジネスも!

Facebook, Goo ブログ 等でも同時配信しています。

 *FB: http://www.facebook.com/fumiyoshi.akisawa

 是非、この際 メルマガご登録もお願いいたします(10行目 登録・解除)

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

ジャンル:
速報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。