<今日のニュース話題トレンドニュースその後・・・
So-net無料ブログ作成

中国と 海の日 想いだす45年前~ソ連船で中国へ~  [政治経済]

海に関して言えば 海、海路は 自然にませておくのが一番です。

故意に 開発したり曲げたり、埋め立てたりすると その余波は、影響は必ず

後世になって大きな影響をもたらす結果となります。

   海は 甘く見てはならない。  水もだ・・・。  たかが水、 だが、1トン、100トン

   ともなるとその脅威は 鉄のコンクリート片にも相当する。

   海面が徐々に高くなる~ そして多大な損害を与える・・・。

そんな構図が分かってはいるものの 目の前の利益追求のため、どこの国も

急いで開発をしていく。

中国としても 海のシルクロード開発??として このたび 一路計画を発表し

世界を驚かせた。

海を絡めた 開発や販路拡大を甘く見てはならない~。

中国MMコラムシリーズ いったい一路~ 

     まさに いったい どうなるのか「一帯一路」 政策?


写真↓は 今から45年前 一路、航路にてソ連客船にて

    香港経由広東省へ。


 時は夏7月の今頃、希望に満ち 晴海より航路で中国

 へ向かいました。


海の日にあたり想い出される船旅。そして今、中国は

海のシルクロード開発開拓に躍起です。アジア諸国を

海を通じて巨大投資。しかし今後?どうなる...


のか・・心配です~株安、海洋問題、AIIB・・・等。


Photo:↓45年前この船バイカル号でHKG経由列車で

広東省 中国へ。 当時の 国境の駅等が 懐かしい。

            今は、全く面影なし。

    当時の ソ連船 バイカル号にて香港へ   あっというまの45年

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

http://blog.goo.ne.jp/admin/

         3,4枚目は 現在の 広州市内と 珠海

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################


訪日観光インバウンド~北京からの額うぃ40名との交流会~ところが講演会?に [訪日観光インバウンド]

中国:次次国国シリーズ~これまた未来ある

 若い学生達の訪日団


  北京からの高校生の歓迎会@都庁にて ~

  交流会by日中友好協会・東京
 都庁32階での 歓迎会がありました。高校生等の

 訪日団40名です。
  爆階・爆貝ばかりが報じられる訪日インバウンド

  ですが交流を目的とした学生たちが日中・中日をどう

  見て感じるのか・・再訪が楽しみです。

未来 みらい ある学生たちとの交流会が 都庁でのレストラン

にて開催されました。 中国から40名、日本側より約70名。

日中友好協会・東京の主催でした。

  イキイキしている 瞳ひとみ  将来を背負う若者たち

  所謂、爆買の 一過性の?観光客と異なり 学生が

  感じる現在の日本に注目したいと思います。

日本と中国、 生活や文化、 風土や教育・・・

すべてが異なる 日本での異文化に同反応するのか・・・

そして、どう感じ取るのか・・・・

そんなことも考えながら交流会を楽しみました。

   ~~最後に、 交流会と 講演会を勘違いした エライ人。

   今回、限られた時間のなかで 5割が講演会となってしまったこと。

   挨拶、 アピール、自慢話、評論会・・・ そんな様相の挨拶がダラダラ

   続いたが、これまた 日本独特の挨拶異文化なのだろうか。

32階からの 素晴らしい眺めを見ながら 長い薄い挨拶から目を外に移し

ながら聞いていました。

   どうも 今回の 交流会の趣旨たるものが 大人たちは理解できないらしい。

■中国:次次国国シリーズ~これまた未来ある 

 若い学生達の訪日団
 北京からの高校生の歓迎会@都庁にて

 ~交流会by日中友好協会・東京
 都庁32階での 歓迎会がありました。

 高校生等の訪日団40名です。
  爆階・爆貝ばかりが報じられる訪日インバウンド

  ですが交流を目的と
  した学生たちが日中・中日をどう見て感じるのか・・

  彼らの、日本への 再訪が楽しみです~いつかまた日本へ。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント















中国内では苦言も~次次刻刻中国~ 中国からの観光客 爆買 爆貝~ 

今日の話題最新ニュース

中国内でのメディアの反応はほとんどありません。

むしろ、このような情報で 政府内では 海外の「爆買」の戒めと警鐘も。

  中国内経済への影響や 国民の贅沢生活の警鐘?も・・・などと感じる

  こともあります。

  現実に、北京市内の各流通店舗では 海外ショッピングの増加により

  店舗を閉鎖するところも出てきています。

中国内のメディの一部や、 旅行会社店舗での 観光客への「扇動」で

浮かれている旅行社、店舗もあります。

SNSや微博で過剰な情報掲載で これまた煽る情報も多々ありますが、

いずれにしても 限度を超えると最後は 閉鎖や荒廃へと繋がる可能性

も。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 次次刻刻中国~ 中国からの観光客 次次~ 

     爆買から 次は 「爆貝」


  買い物ばかりでなく 食事でも「爆貝」か・・・・。
  その次は「爆階」(建物・1階から最上階までまとめ買い・・・?)。


 そんな話題がこれからも次次と現実に

    (by :  Photo;Media~Tv, 現地都内より)
 

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント

中国次次刻刻 6月7月 大きな変化 in@大学と卒業生そしてその後・・

今日の話題最新ニュース

なんとも楽しいくもあり、 寂しさも漂う 中国での6月、7月 夏休み~

 6月も終え、 7月ともなると 一斉に夏休みへ。

 そして 一番気になる 卒業を迎える4年生、あるいは 2年、3年の

 期間を終えて卒業する大学院生たち。

 就職するもの、或いは大学院へ進む者など、 様々な姿が見られます。

 卒業して、就職、そして・・・・・・・

 1年後には こんな卒業生からのメッセージが・・・。

 「今まで お世話になった会社でしたが、 やはり去ることになりました・・」、と。

 そしてその後の去就は 不明です。

 おそらく そのまま職にはつけず、次の職場を探しているのではないかと

 思われます。

    そんな 彼らが 行き着く先の一つが  創業喫茶。

    北京市内にも その後 徐々に増えて 学生や若者が自然と集まる。

それにしても どんな気持ちで そのカフェに来ているのか。。。。?。

◆ 次次刻刻 中国の夏 そして~ 


 創業喫茶 &卒業式~ 中国では卒業式も終え夏休み、

    日本では夏休みへ


   猛暑の日本ですが 中国各地でも暑い 

そして6月に卒業した学生 in@中国


 毎年夏に卒業し職に就く学生も翌年には創業喫茶へ~

 等の多くの学生もいます。


  株も年金も そして職も燭も ~繰り返す不安定な卒業後、

  生活等@中国。...
 (↓ 参 Photo; @ニ外、対外経貿大、 in@中关村咖啡 )

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################

~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント   トラックバック (1)

日本での団体旅行 その最大の魅力は・・・ 中国国歌作曲者偲ぶ会参加して

2015年07月12日 09時11分27秒 | 今日の話題最新ニュース

団体旅行の醍醐味として 車中や 宴会等 旅先での仲間との

会話、対話が挙げられます。

目的を持って、いや目的を持たなくても同じ組織内の仲間と交流が

図れること、これが最大の楽しみです。

お金には代えられない またもうひとつの旅の魅力です。

◆ 団体、グループ、群衆、大衆そして仲間たち・・・


  7月11日(土) 国内にて久しぶりの「団体バス」乗車へ~
  中国国歌作曲者・聶耳氏偲ぶ会への参加。56名がバスに乗り


  ワイワイがやがや、食事や飲み物、スマホや情報交換で和気あいあい。
  そして歌有り、踊りあり、、会話アリ。これ亦、楽しや団体旅行。...


   ときには、こんな団体に参加してみませんか。


 旅の道中、パーキングエリア、会話交流、スマホ交流 輪広がる。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント

中国文化活動~中国国歌 义勇军进行曲」の作曲者・聶耳を偲ぶ会が・・・

今日の話題最新ニュース

7月11日「中国国歌 义勇军进行曲」の作曲者・聶耳( ニエアール)氏


を偲ぶ会・講演会等が藤沢市内の道路沿いの鵠沼海岸にて催されました。


日中友好協会(東京、湘南藤沢市)、中国大使館との共催でした。

催し物は勿論だが、この日の暑さのためか、ついつい海岸方面が気になる。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント

中国各地街角で思う 目立つ・際立つ・存在感 その集団でまとまる~

 今日の話題最新ニュース

6月末の中国視察 中西部の旅~

歩いていて ただでさえ 「多い」と思われる街角の人々の様子ですが

駅前、街角、広場や通りで 集団に出くわすことがあります。

個人 個人で生活する人たちの 街のなかで とりわけ一際目立つのは

彼らの「集団でのまとまり」をみると、そのパワーを、時には恐ろしいほどの

団結力を感じます。

ひとつの市の人口が 軽く5百万、8百万人を超える都市が多いなか、となりの

省、自治区からやってくる流動性の「移民」が押し寄せると 街は更に混雑さを

感じます 通りをすれ違うことさえうっとおしいと 思うこともあります。

このような 一種の「集団」 「まとまり」を見るにつけ そのパワーを感じます。

今、 世界各地で中国人の移民が話題になっていますが、 ある都市において、

このような集団をみると、(中国人の)まとまりと団結力の凄さを感じざるを

得ませんが、 これが一定の量を越えて 「多すぎる」と感じた場合、その地では

大きな社会問題になることもあります。 バンクーバーやシドニー等では 特に

問題にもなっています。

やはり、数の多さは魅力を感じることもありますが、 多すぎたり、異様だなと

思われるとさまざまな摩擦が起きてきます。

「ほどほど」が やはりいいのかな、なにごとも・・・。

いつもそんなことを感じながら、 中国を見つめています。 それゆえに、各地

で集団を見ると ???と思いながら、カメラのレンズを向けます~。

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

感じると

コメント

雨中大雨 なんのその爆買ばかりが~雨の銀座、丸の内皇居 インバウンド

今日の話題最新ニュース

◆ 大雨、雨空なんのその~株?関係ない! 銀座、皇居で~


 雨降って より買い物を!・・・とばかりに 観光をカット

 してでも 先ずは 買い物、モノ探し、ショッピング、爆買!

  そして都内では人気No1と言われる丸の内・東京・

   ・・・・皇居も精力的に!


  それにしても明らかにメデイアの騒ぎ過ぎ・・バク買!...
  (by 雨の都内インバウンド巡り視察・・)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント

「文化」こそ 新しい旅の始まりです~地方も市街地も~インバウンドも~

訪日旅行プロモーション

毎日 何気なく過ごしている生活や 仕事~

いつの間にか 半年が過ぎ、そして1年が終わってしまいます~

  しかし たとえ5分でも 10分でも 列車に乗ったり 外を歩いたりすると

  微妙な変化が見られます。

  その 変化をまとめたり 外にアピールすると また違った世界が現れます。

よって 旅こそ 文化、 文化こそ 新しい変化です。

地方再生、創生は この視点で取り組みましょう。

◆ 「文化」は 「新しい変化」です ~旅と文化~(国内横断の旅より)


 歩いたり バスに乗ったり 列車に乗車・・・1秒毎に変化があります。
 常に新しいモノを求めて。地方の創生も常に 

                         この視点で~日本も中国も。


  (6月末 地方の旅より:列車・バス 内蒙古での一場面:旅)


 *何を感じる、見るかは~人其々異なります)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################

中国 時時天天 今後のことを・・再び青海省西寧市(3)~かたや開発売り出し、一方閉鎖も

 今日の話題最新ニュース

青海省西寧 菜の花、環境、観光だけでは売れない・・?街の発展、開発

 人口比で隣の甘粛省・蘭州や 同じく貴州省貴陽等と比べても

 少ない人口のところで これだけの大開発をおこなうと再びデフォルトに?

 沿岸部の浙江省や江蘇省では北から、南からそれこそ「大量」の、イナゴの

大群がやってきて 観光や買い物に、そして不動産へと大きなお金を落として

いきますが

この西部地区の青海省ではどうか。 確かに湖を求めて多くの観光客が夏の

シーズンにやってきます。 特に6月、7月等は「菜の花シーズン」で、あちこち

から国内外のお客様が この地、青海省にやってきます。 しかし、それ以外は

というと・・さほどの顧客、グループ、投資するような人は多くはないはずです。 

強いて言えば、

すぐ隣の西蔵・チベットへやってくる人たちが、この西寧や列車乗り換えのため

に訪れる程度で、 せめてこの青海省は 多くの方は素通りまたは1泊程度の

滞在ではないでしょうか。

  と、我々は考えますが ここ半年の西寧の開発ぶりはどうでしょうか。

今までの面影が全くなくなってしまった駅前通り@西寧。  昨年までのあの

情緒ある通りは消えて、今、まさに大開発の真只中。 

まさに足の踏み場もないというくらい、道路工事と

建設ラッシュで、路線バスも迂回、回り道を経て やっと駅前にたどり着く・・という

状況です。

 できることなら、いままでの凸凹道と道路を残しながら駅前を上手に開発して

欲しかった、と 願うばかりでした。 これから考えられる駅前に乱立する商業ビル,

幾多のホテルやオフィスビルに本当に人が群がり、利益が得られるのか・・。

いや、今でも新地区では、 立派な商業ビルが それもまだ新しいビルが閉鎖

され、門は閉ざされ、周りの(当ビルを囲む)フェンスは完全に閉鎖もされ,フ

ェンス内の敷地は草が茂り、まさに見るからに鬼城、ゴーストタウンそのものでした。

 こんなところに、さらに追い打ちをかけるかのように 商業ビルと住居用

マンション群が続々と建設中。 大通りには人気は全くなし。 

 まさに不思議な光景でした。  いくら土地が政府のものとは言え、 この

開発状況は異常です。 異常、 いや 以上です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国を あるく・みる・かんがえる @青海省~。

中国の 小さな都市に 巨大な建物群 、閉鎖中のハコモノ・・・

◆時時天天 再び青海省西寧2日目(2)~かたや開発売り出し、一方閉鎖


 人口250万~程度の西寧開発地区にて繰り返されるスクラップビルド~


  全く人気のない地区に続々建物が 一方隣では立派なビルも閉鎖中


浪費撲滅は食事ばかりではない・開発にも少しは歯止めも必要?memoより

                X 
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ 少しは このような いこいの場も!

--------------------------------

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

#################

コメント

中国 次次天天~青海省(2) 西寧駅前の衝撃~これではあの省と一緒・・

2015年07月03日 今日の話題最新ニュース

 あまりの変貌に ガクゼン・・・。

 昨年までの あの 長閑な西寧駅前の風情ある風景が一変。

 かつては 駅前に小さな商店やビジネスホテル等が並び、駅に続く

 少しばかりのデコボコ道は、 今や完全にカイハツ真っ最中で通行も不可。

 いや、この通りとこの地区は 負荷になること間違いなし、と思われるほど

 でした。

◆中国シリーズ:次次刻刻~青海省西寧市駅前 大変貌!小さな街がなぜ?


 昨年までの西寧駅前の大変身、開発に思わず・・・貴陽と同じか・・?


  人口・面積・将来を考えるとあまりに?!の再開発に疑問も・・。


(↓現在開発中駅前、 ↓昨年までの長閑な駅、 ↓更に現在もカイハツが)

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

コメント

次次刻刻 中国を歩く~なぜか我一人が異邦人的身なり@青海省(1)寒!

2015年07月02日 22時19分29秒 | 今日の話題最新ニュース

それにしても 以前も、こんなに肌寒かっただろうか。

甘粛省から 西寧にやってきました。

夕方近くということもあり、外へ出ると 肌寒い。

思わず・・・身震い・・・。

寒くて 風邪もひきそうだ。

   私一人が半袖姿。 長袖ジャンパーも持参しようかと考えた

   が、 荷物も多くなることもあり、北京の部屋へおいてきました。

   周りを見ると みな、長袖姿。

   ただひとり、私のみが 半袖。 

しかし 気候のことより もっと驚いたのは、 西寧の駅周辺でした。

◆次次刻刻中国を歩く~なぜか我一人が異邦人的身なり@青海省(1)寒!


 青海省 省都西寧を訪ねた。。 河北省、甘粛省・・そして青海省へ。


 西寧へ到着。この寒さ!8°c~18°位。 私一人が半袖。周りは


 皆、長袖。バス中も、駅中も、皆長袖すがだ。どうやら別世界のようだ。


 夏なのにまるで冬服姿。ただ 一面の菜の花畑だけは暖かさを感じた。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国次次刻刻 6月7月 大きな変化 in@大学と卒業生そしてその後・・ [海外ニュース]

中国次次刻刻 6月7月 大きな変化 in@大学と卒業生そしてその後・・

団体旅行の醍醐味として 車中や 宴会等 旅先での仲間との

会話、対話が挙げられます。

目的を持って、いや目的を持たなくても同じ組織内の仲間と交流が

図れること、これが最大の楽しみです。

お金には代えられない またもうひとつの旅の魅力です。

◆ 団体、グループ、群衆、大衆そして仲間たち・・・


  7月11日(土) 国内にて久しぶりの「団体バス」乗車へ~
  中国国歌作曲者・聶耳氏偲ぶ会への参加。56名がバスに乗り


  ワイワイがやがや、食事や飲み物、スマホや情報交換で和気あいあい。
  そして歌有り、踊りあり、、会話アリ。これ亦、楽しや団体旅行。...


   ときには、こんな団体に参加してみませんか。


 旅の道中、パーキングエリア、会話交流、スマホ交流 輪広がる。

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


世界遺産決定 そして日本も中国も 保存と規制の必要性は [海外ニュース]

なんとか全会一致で登録が決まった 今回の日本の世界遺産群。

なんとも後味の悪い結末でしたが 大きな別の課題も残りました。

  日本では 今回、登録は決まったものの 今後とも韓国側と意見調整

  しながらのプロモーションも必要であり、今後の説明にも最大の配慮も

  求められます。

  そして最も気になるのが、どっと押し寄せる観光客対策。

  黙っていると 多数の団体客等で大混乱の場面も想定されます。

が、ここで講じなければならないのが その後の保存と規制に向けた「対策」。

中国でも 何しろ予知できぬ人口流動、観光客動向の把握。

黙っていると周辺の省・自治区から1億人もの国内観光客が移動したり

押し寄せたりする土地柄、位置にある各省ですので、その日、当日に

となりの商からどの程度の人々が押し寄せるのかは不透明、予測不可。

そこで、即 検討すべきなこととして プロモーションより その先の規制と

保存対策です。

中国の観光地や日本の世界遺産~開発と保存規制を同時に~


 中国の観光地もどっとやってくる観光客、1日20万人とかが・・


 そして後味の悪かった世界遺産登録(日本)で同様のことが・・


  往々にして誘致と開発が先行する各観光地ですが、「規制も同時」に!


(↓今回訪問の青海省・湖周辺 今が旬6.7月)Pht byaki

 (↓そして決定世界遺産↓長崎):media:世界遺産委員会より

秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
秋澤 文芳さんの写真
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>ニュースブログ</strong><strong> </strong><strong>トレンドニュースへ</strong><strong>
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。