<北朝鮮が今、・・・国境の街はどこからが
So-net無料ブログ作成
検索選択

北朝鮮が今、・・・国境の街はどこからが [海外ニュース]

スポンサーリンク




中国次々刻々~今、注目の「北朝鮮」、その国境の街は今後は・・

今、何かと話題の北朝鮮だ。

この北朝鮮の街を垣間見るには、大連からも近い丹東の街、

いわゆる国境の都市だ。しかし・・

更に近くに北朝鮮を眺めるということであれば、吉林省の国境

の街、図門~の方がより有名だ。橋を渡って4,5分で北朝鮮入りだ。

両国に架かる橋真ん中には「国境」の警備員がいるが、その警備は

他の国境の街の警備に比べると緩やかで、一人しかいないために

それこそ業因に「強行突破」でもしそうな人も現れそうな感じも

する(勿論、その先には更に厳しい「検問と入国」が有るはずだが

、その実態は不明だ。 いつかは、この橋を歩いて渡ってみたい)。

◆次々刻々中国との関係:何かと今、話題の北朝鮮だが・・

  
 北朝鮮国境の街: 门图/ 图们江だ。

 中国から最も間近に見える国境の地だ。

 嘗て橋を渡り半歩のみ 北朝鲜に踏み込んだ。
 関係が良好であれば 贸易特区になったはずだ。

 長春から 火车で数時間、56元800円位。

 新幹線並みの高鉄なら(高鉄:3時間弱)だ。

 これからも、そして今後も最も注目される国境の地区だ。

 いつの時代かには、これだけ注目されているこの地区だから

 こそ、いつかは中国と北朝鮮の貿易特区の地になることだろう。 

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、家、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:靴、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外
国境の街の様子
と、 中国側の列車の駅の様子~~~~~~~~~~~~~

=====2017年 今年も精力的に取り組みます====

中国、そしてアジアの国々への旅行ビジネス、交流のお手伝い!

国内での 東京を中心とした案内と手配、 小さな旅からはじめます。

   中国各地・国内、他アジア、 日本国内・東京他

   様々な旅の提案と手配などを24H承っています・・・。

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>海外生活ブログ</strong><strong> </strong><strong>北京情報へ</strong><strong>にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

中国および国内での街角情報と 観光・文化・交流に関して触れていきます。

併せて インバウンドのあり方! 今日の話題最新ニュース

もまた宜しくお願いいたします。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース 無料登録可能です~中国事情

   現在、メルマガ再開!!

http://archives.mag2.com/0001671364/20160201235753000.html

   クリック 無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

 

 日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました