<ガラスのつり橋 中国が凄い 閉鎖後にわたっては見たものの・・何かが
So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラスのつり橋 中国が凄い 閉鎖後にわたっては見たものの・・何かが [海外ニュース]

スポンサーリンク




中国シリーズ 湖南省:あの話題のガラスの橋、閉鎖後、渡ったが、真相は闇?

  

 観光そして旅行の問題点は

飛び跳ねた、ガラスの橋の上で・・。そして、またガラスの上に

着地した。・・・・はたしてガラスそのものは大丈夫だったのか、・・・

とも思いたくなる、このガラスの橋。オープン直後、閉鎖、そして先週

「偶然にも」渡る機会が訪れた。

オープン中の 1日数千人~とはいかないものの、 約400人が渡った。

そして、驚いた・・・

驚いた その1

  建物そのものが、未整備なのか、

  果たしてガラス強度?等の構造に問題があるのか、

  それとも大混雑が予想されるため受け入れの見直しなのか・・

驚いた その2

すべてが闇の中、 この峡谷ガラス橋。

誰もが知りたい、営業停止のその理由と背景。しかし・・・

やはり誰に尋ねても、現地の人も、「役人」でも知らない・・

 勿論、最終判断は すべてがトップの責任だから、トップしか知り得ない・・

しかし、未整備?が理由のこの施設・・・

なぜ、いったんオープンしてしまったのか・・・。 やはり真相は闇だ・

ヤミの中だ。   ・・・このように周囲は暗く、ヤミ?の中だ。

このような話はどこの世界でもあるものだ。

なんとなく、日本国内でも同じような問題が最近起きている・・・。

こちらは、いま、トップが必死になって真相を究明している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村

</strong><strong>にほんブログ村</strong><strong> </strong><strong>旅行ブログ</strong><strong> </strong><strong>中国旅行(チャイナ)へ</strong><strong>にほんブログ村

      


中国旅行 ブログランキングへ

 

 

  ◆中国で 環境と 地方の観光等と開発についてプロモーションをしています~~

 

  ◆ また、国全体の 観光プロモーションなどの 講演や性ナーもおこなっています。

      中国内で、 そしてまた、日本国内での「中国事情 文化と交流と観光等についても

      講演・セミナー等 承ります。

        (次のような 講演・セミナー 発表や交流会、パネル討論会等にも・・)    

      ・国際観光学会での 中国事情、 中国旅行法律、 中国の観光と文化、歴史、旅

      ・工学院大学孔子学院での旅講座や 連携区座

      ・都内の大学・短大での発表等

      ・観光関係 観光運輸倶楽部、 学習会に(TYO)n

        ・国内和僑会、同郷会、文化交流会等に

      ・中国内旅行事情、商品計画発表・講演(TYO)

      ・中国内庶民生活、社会発展に関する講演(TYO、PEK)

      ・中国内 北京第二外国語学院:日中双方向旅交流(本科、 大学院等)

      ・中国内UNWTO桂林 日中インバウンドアウトバウンド交流講演

      ・中国国家観光局旅游大会・昆明での発表

      ・日豪政府間観光交流(オーストラリアにて) 等々。

 

↓ ◆ 「まぐまぐメルマガニュース」*** ↓ ↓

http://www.mag2.com/m/0001671364.html 

より無料登録・購読できます。

 

~~~~~~~~会社案内・会社概況~~~~~~~~

              日中・日豪・日本アジアASEAN、東京の企画等

 ■■====中国のツーリズムに取組む=======■■

     ◆ 日本発  アウトバウンドを更に伸ばし

     ◆ 訪日外国人インバウンドの質を充実し

     □ 国内旅行の更なる安定化を目指しながら

   観光文化ツーリズム株式会社・日中観光文化研究所~

     日本国内の旅・世界の旅・都心の小さな旅

      そして訪日インバウンドや中国内31省自治区と

      国内近辺の小さな旅や諸手配を承っています。

◆「中国激変 次次刻刻~社会と文化訪日ビジネス

■ 中国激変!観光・文化・訪日インバウンド・

●日中観光文化研究所(北京)・観光文化ツーリズム株式会社(東京・豊洲)

代表 秋澤文芳 akisawatourism@yahoo.co.jp

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

案内人も、ついに飛び上がった・・・、飛び跳ねた/・・




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: